信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


代官を罷免した百姓たちの話

.
代官を罷免した百姓たちの話


応仁の乱(室町時代 1467-1477)の頃、百姓が、東寺領 太良庄(現:福井県小浜市)の 代官の罷免を、東寺の 惣公文所にあてて、「 御百姓等 」 の名で出した 『 太良庄 惣百姓等 申状 』 が残っている。

「乱」の騒ぎが 打ち続くなかで 近隣の所領の代官たちは、所領の警護に当たっているのに、太良庄の代官は 京からやって こなかった。

e0171497_10192952.jpg


「 これ程の 大儀に、・・・ せめて 御中間を 一人下されて、国の様子を 見聞されることも ない。 口惜しき 次第です。」

「 たとい 御百姓をば 人とは 思われずとも・・・・・・ このような ことなら、今後 下向されることが あっても、一切 御目には 掛かりません。」



中世の 百姓の論理がまかり通っているのだ。
これは、よるべき「公」の主権者(荘園主)にとって、百姓はやはり「公」としての存在なのです。

ですから、長禄三年(1459年)当時、「公」の百姓に対する不当な支配には、抗議をする権利を堂々と行使しているのです。


伊那谷でも 江戸時代、百姓が連署で 飯島代官所の役人を訴えて 罷免させた記録が残っている。

やはり、百姓は 他の民衆と比べると、特権階級だったのです。

これは専政時代の話だが、今日的には、主権者は国民だからして、国民が「公」に殉じている限り、その行動は「正義」なのだ。

しかし最近では、権力者(政府 政治家・官僚 役人)の思考回路は、専政国家を思考しているのではないかと思わせる。
[PR]
by hansaki460 | 2012-05-11 10:25 | 歴 史 秘 話 | Comments(1)
Commented by 世良 康雄 at 2012-05-17 00:20 x
氏名 世良 康雄
住所 神戸市中央区古湊通り2-2-10GSハイム
誕生 1970/12/28
学歴 関学商学部1994年
http://my.ameba.jp/menu.do
http://yaplog.jp/groundstlork/
http://twitr.jp/user/blockermachine4
〔或る冬の日、花園院に心惹かれる 臨川寺領地〕
http://d.hatena.ne.jp/naozari/mobile?date=20110210

〔真日本建国 伯家神道の予言 2012年のシンクロ〕
http://jinga123.blog118.fc2.com/blog-entry-34.html

世良本家は、世良親王養母昭憲門院伝領の三方庄 兵庫県宍粟市一宮町生栖で、先祖世良親王祖父橋本実俊家系の姉小路大奥上臈時代の将軍徳川家斉子孫等知るべきですが、祖父が修業したという東寺の太良荘の山縣氏子孫と世良親王子孫関係についてご存知なら情報提供お願い致します
<< 下座行(げざぎょう)の話&【放... 原発利権追及した記者に 6,7... >>