信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


日本の原点は 蚕玉様

.
日本の原点は 蚕玉様(こだまさま)


伊那谷では、春になると、そこかしこで「蚕玉様」のお祭りがある。
「蚕玉様」(こだまさま)とは、蚕のことだ。

記録には、伊那谷では平安時代から蚕を飼っていたと言うが、それ以前の大昔から あったに違いない。


諏訪大社の神長官の 「守矢系図」 によると、四代目に 「児玉彦命」 がいる。
建御名方命の 孫にあたる人だ。

      建御名方神 → 片倉辺命 → 児玉彦命
                            ↓ (養子)
  洩矢神 → 守宅神 → 千鹿頭神 → 【 児玉彦命 】 → 八櫛神 →


諏訪市の 「児玉石神社」 には、境内には五個の大石があり 「諏訪の七石」 の一つとなっている。 
だから今では、「児玉」 は小玉とされ、石に対する信仰とされているようだが、小玉は蚕玉様に違いない。(この事だけで、かなりの枚数が書ける。^^)
e0171497_727247.jpg

中国古代・ 戦国時代(前五世紀~)に書かれた最古の地理書 『山海経』(せんがいきょう)に、東方海上に 扶桑国(扶桑樹とも)があると書かれ、扶桑・扶桑国は、日本の異称ともなった。

『山海経』 によると、東方の海中に黒歯国があり、その北に扶桑という木が立っており、そこから太陽が昇るという。

日本は桑の国であり、蚕があったと、認識されていた。。

     ◇

日本の古伝 「ホツマツタヱ」 には・・・・、

【 シラヤマ姫は 産湯 成す アカヒコ 桑に 引く糸を ナツメが織りて 生絹の 御衣 奉る】

・アマテルが 生まれた時、アカヒコが 桑に糸を引き、ナツメがこれを織って 産着に仕立てる。

・・・・・とあります。

ナツメ(縫侍)は、産着を織る侍女のこと。
『古事記』 では、夏高津日神(なつたかのひ)- 別名 夏之売神(なつのめ)であり、穀物神の 大年神(歳徳神)の系列にいる。

     ◇

ここまで 日本ではおそらく 縄文時代から桑があり、蚕が飼育されていただろうということの 検証をした。


★ では 何を言いたいかというと、日本列島は、大陸や半島から見た場合、今まで日本列島は、虐げられた人々の駆け込み寺的な土地だという認識が、主流を占めていた。

しかし、決してそうではなく、むしろ大陸の覇者らが絹を求め、交易を求めて渡来したのではないかとも思う。



今日は まだ序論に過ぎないが、日本は 縄文、いや石器時代の昔から、素晴らしい国だったのだ!
[PR]
by hansaki460 | 2012-05-09 07:32 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)
<< 原発利権追及した記者に 6,7... 高句麗・新羅・百済は 今でも 違う国 >>