信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


泥棒教育の話&【放射性物質拡散予想図】

.
泥棒教育の話


最近読んだ本の中に、こんなものが ありました。

江戸時代、泥棒を 稼業にしていた親子が いましたが、親も年を取り 息子が 稼業を継ぐと言い出した。
そして 親爺に 教えを請うた。

そこで父親は 息子と一緒に 大店に盗みに入ったが、そこで父親は 意外な行動に出た。
蔵にあった大きな行李の中へ 息子を入れ、外から錠をかけた。
そして、そのまま外に出た父親は 店の戸を叩き、「 泥棒が入った 」 と 店の者に告げ 消えた。
困った息子は 行李の中で、鼠が 物を囓る音を 立た。

音に驚いた女中が 鍵を開けた隙に、明かりの火を消して 外に逃げた。
そして息子は 途中、井戸に 大きな石を投げ入れて音を立てた。
店の者たちが 「 逃げられずに 井戸へ飛び込んだ 」 と思い、井戸のまわりに集まった隙に、息子は外へ出て 逃げ帰った。
帰ってきた息子に 父親は、「 これで一人前になった。」 といったそうな。

e0171497_836123.jpg

また、昔読んだ マンガにも、こんなものがあった。
中国の話だったように 記憶している。

ある泥棒の親方が 何人かの子供たちに、骨董屋の店先に並べてある 大瓶を 盗んでこいと言った。
誰もができない と 言ったが 一人の子が、私がやりますと 言って、大瓶を持って 帰ってきた。

その少年は 始め、その店から 小さくて高価な商品を 盗み、それを 換金して 堂々と大瓶を買って 持ってきたのだった。


たまたま 泥棒の話だが、リアリティーがあったので 覚えていた。^^

前者の話は、死ぬか生きるか という話、後者は 知恵比べの話だが、
両方の話とも ある種、現代の ある話題の話を 彷彿とさせる。

     
      応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!



      


5月 4日(金)
e0171497_11323099.jpg
e0171497_11323877.jpg
e0171497_10511083.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月 5日(土)
e0171497_10511913.jpg
e0171497_10512659.jpg
e0171497_11222649.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月 6日(日)
e0171497_11223610.jpg
e0171497_11224487.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


.

[PR]
by hansaki460 | 2012-05-04 08:37 | 一般 | Comments(8)
Commented by ぽんな at 2012-05-04 11:20 x
こんにちは
今日も興味深いお話&予想図の更新をありがとうございます。
どうか楽しい連休をお過ごし下さい。
Commented by hansaki460 at 2012-05-04 20:05
ぽんなさん、コメントありがとうございます。
今日は、泥棒の話で、躊躇したのですが・・・・。^^;
連休は、全国的にあまり天気が良くないようですね。
また、宜しくお願い致します。
Commented by 雪んこ at 2012-05-05 16:51 x
いつもいつも見ています。ありがとうございます!
泥棒のお話面白かったです。最後の、「両方の話ともある種、現代のある話題の話を 彷彿とさせる」とは、なんの事でしょうか。 よろしければ教えて下さい(^^)
Commented by かめ at 2012-05-06 09:12 x
①私は幼少のときに出会った宗教が キリスト教(プロテスタント)でした。凡人ですが いろいろ苦労もありそのつど 谷底から 救ってもらえていることを 感謝しています。
Commented by かめ at 2012-05-06 09:13 x
②世の中には多くの 教えがあり 救いを 求めている人々は そこに向かいます。 その教えすら 知らない人々は 自分だけの 欲望を満たすために 人生をかけようとする。
Commented by かめ at 2012-05-06 09:14 x
③今の 政治家 を象徴しているとすら思います。
政治家である前に、一人の人間として どんな考えの元で育ってきたのか 興味があります。
Commented by かめ at 2012-05-06 09:17 x
④軍国主義の戦時中でさえ 大空襲の前に 何万人の子供達を田舎に疎開させ 命を守った。福島県には 未だ多くの子供達が甲状腺異常を発症しながらも 住み続けている現実は 許しがたいこと。私は 政治家の モラルを問います。
Commented by hansaki460 at 2012-05-06 11:43
かめさん、コメントありがとうございます。

誤解を恐れずに言えば、いわゆる 法律(憲法その他)で、神仏の価値に基づく 善悪を規定した部分以外は、人(為政者or強者)の都合で定めたルールが 大半です。
それ故、そのルールに 従わせられる側の人にとっては、理不尽に思えることもあると思います。
また、政治家のモラルは、ひとえに国民のモラルの投影に 違いないと、私は思っています。
それは、日本が 国民国家である 証では ないでしょうか。
その意味で 現在は、国民の代議員たる 国や地方の 議員選挙制度に対して、関心を持つことが 一番大切だと思っています。
<< 半島のニュース【韓国政府、北朝... ある禅者の吐露 >>