信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


名曲 『 平城山 (ならやま)』&【放射性物質拡散予想図】

.
名曲 『 平城山 (ならやま)』


『 平城山 』  北見志保子・詞  平井康三郎・曲

  人戀ふは かなしきものと  平城山(ならやま)に
  もとほり来つつ  堪へがたかりき

  古(いにし)へも つまに戀ひつつ 越へしとふ 
  平城山のみちに  涙おとしぬ


北見志保子は 明治18年 高知県宿毛村に生まれ、歌人・橋田東声と結婚した。
しかし志保子は、12歳年下で、東声の弟子の 浜忠次郎と恋に落ちた。

浜忠次郎は志保子から引き離され、フランスに留学させられてしまったが、奈良に滞在し、帰国した浜忠次郎(のちの千代田生命社長)と 再婚した。

e0171497_657317.jpg

志保子は後に そのときの心情を 語っている。

『人を恋い慕う どうにもならない悲しさは、平城山あたりを廻り歩いて堪えがたかった』

『 新しい女などと、お思い下さいますな。 私は 新しくはないので御座います。
  唯、「 真理に生きたい 」 と 思ふだけで、こんな冒険をしたのですから・・・』
 
  ― 山川よ野よ あたたかきふるさとよ  こゑあげて泣かむ 長かりしかな ―


情熱的な恋をした志保子の 『平城山』 は控えめだが、奈良の 磐之媛陵周辺をさまよった際に、磐之媛が 夫・仁徳天皇に寄せた思いに重ね合わせて詠んだといわれる。

磐之媛は 仁徳天皇の皇后だった女性で、古事記や日本書紀には、「大変嫉妬深い女性」 として描かれている、現代なら誇り高い女性と称えられるかも・・・・。^^;

この歌は、志保子と同じ 高知出身の 平井康三郎氏の作曲によって世に出た。

平城山 鮫島有美子

平城山 山崎ハコ/077


     
      応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!



      


4月30日(月)
e0171497_1255562.jpg
e0171497_126562.jpg
e0171497_1845679.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月 1日(火)
e0171497_1842826.jpg
e0171497_186144.jpg
e0171497_11164725.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月 2日(水)
e0171497_11165679.jpg
e0171497_111731.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


.

[PR]
by hansaki460 | 2012-04-30 07:02 | 一般 | Comments(0)
<< 他力のちから「おかげさん」&【... 君看双眼色&【放射性物質拡散予想図】 >>