信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


親を恨まない、憎まない&【放射性物質拡散予想図】

.
親を恨まない、憎まない


犬畜生と罵(ののし)った 親分の声が、松蔵の耳に蘇った。

「 わからねえよ、そんなの。 おいら学校に行ってねえもの 」

「 いいや、君は 府立一中や 慶應義塾の生徒よりも、
 ずっと すばらしい教育を 受けてきたはずだ。
 こんな簡単な問題を、君が解けぬはずがない。
 考えたまえ、村田松蔵君 」

満月の光が、うっすらと雪のように 花の降り積んだ 姉の墓石を 照らしていた。 村田家之墓と刻まれた 石のおもてを、松蔵は じっと見据えた。

「 おいら、犬畜生には なりたかねえ 」

「 そうだ。 畜生は 乳離れをしたとたん 親を忘れる。
 時には 親を弑(しい)し、食らいさえする。
 人間は 人間であるかぎり けっして 親を憎んではいけない。
 たとえ どのような親であろうと、けっして恨んではいけない。
 親に対する 恨み憎しみは、おのれの血を蔑(さげす)むことだ。
 おのれを蔑めば、人間は ただの ひとりも生きては行けない 」

  浅田次郎 『 天切り松 闇がたり・残侠 』 「 春のかたみに 」 より
e0171497_631061.jpg


あるSNSに、この 浅田次郎の話を紹介した時、こんなコメントが ありました。.


・・・うちの息子は 1歳半の時に 養子縁組をしました。
小さい時から いっぱい あなたは大事な子供、特別な子供と、息子のわかるように 話をしてきました。
中学の時に 「おれなんか捨て子やろ!」 って、反抗期もありましたが、高校3年になった今、「生まはった親が お金持ちやったら 向こうにいくねん。 でも世話してってきゃはったら 『、申し訳ありませんが、どこのどなたか わかりませんので お引取り下さい。』 って、言うねん。」 って、ゆうとります。

将来の仕事は 捨て猫や 捨て犬の 里親探しだそうです。・・・
よく周りの方が 「幸せな子供さんやな~」 と、いわはりますけど、それは 息子が死ぬ時に 幸せやったな~って思うかどうかで、私たちは 幸せな子育てを させてもうろうてます~。
何より幸せなのは 人生 自分の事で 悩まんでもええことです。

息子が 小学6年の最後に書いた日記です。

  僕は 新しいパパとママと 一緒に暮らしています。
  お母さん。 僕は幸せです。
  お母さんは どうですか?  元気いっぱいですか?
  僕は そう思いました。
  本当に 元気いっぱいかな~と、思います。
  パパと元気にやっているかな~
  僕は めちゃくちゃ 心配です。  まあ~元気だろう~
  また会いたいです。
  でも お母さんの顔を 覚えていません。
  でも 元気なら それでいいです。
  パパとママと 元気に暮らしてください!
  生んでくれてありがとう。
  僕は この体を大事にして 生きていきます。
  お母さんも 元気にいて下さい。

子供って すばらしいですね!
史郎さん ながながと書いてしまってすみません。


・・・こんな仲間がいます。^^


             にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


4月16日(月)
e0171497_1384833.jpg
e0171497_1385648.jpg
e0171497_11161388.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月17日(火)
e0171497_11162299.jpg
e0171497_11163576.jpg
e0171497_115097.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月18日(水)
e0171497_1151458.jpg
e0171497_1152748.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


.

[PR]
by hansaki460 | 2012-04-16 06:08 | 一般 | Comments(0)
<< 人生を背負ってくれる人に 甘え... 『お世辞』 は 応対辞令の真髄... >>