信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


『お世辞』 は 応対辞令の真髄&【放射性物質拡散予想図】

.
『お世辞』 は 応対辞令の真髄^^


「 人間は 誰でも お世辞を言われることを 決して嫌ではない。
 ただ、そのいい方に 好みや 注文があるだけの 話である 」

と言ったのは、フランス文学者の 河盛好蔵(1902-2000)氏だ。
氏は、スターンの名作 「 センチメンタルジャーニー 」 の中の 一挿話を 紹介している。

     ◇

スターンが パリの社交界で、さる 老侯爵に紹介された。
その侯爵は、女にもてることで 有名で、当人も、その方は 自信満々であったが、彼は スターンに向かって
「 一度 お国へ出かけたいものです 」
といって、イギリスの 女について いろいろ尋ねた。

すると、スターンは
「 いや、それは ご無用に願います。
  今でさえ、われわれ イギリスの男は、あなたの お噂をするだけで、女たちから
  ほとんど 見向きをされない 始末なんですから・・・・」
と答えたところ、早速、伯爵から 晩餐に招かれた。
e0171497_552445.jpg

もう一つの話は、自ら 機知縦横の 才女をもって 任じている 某夫人は、スターンが かなりの才人であることをきいて、
「 ぜひ、お目にかかって、お話を うけ承りたい 」
と 申し込んできた。

尋ねてゆくと、スターンが 腰を下ろすか、下ろさぬか のうちに、彼女のほうで、その 才女ぶりを納得させるために、猛烈に まくしたてはじめた。

スターンは心得て、その席では 一言も 喋らなかった。

以後、その夫人は 誰にあっても
「 殿方と あんなに 為になる お話を し合ったことは、
  これまでに ついぞ ないことでした 」
といって 大満足であった。

     ◇

「 応対 」 というのは、身辺に起こってくる いろいろな問題に即応し、かつ、その問題を きびきびと 処理してゆくことである。

そして 「 辞令 」 とは、適当に それらの問題に対して 自分の考えを 表明することである。

できた人間の言葉には 一言一句に 迫力がある・・・。

東洋の 史記には、こういった話が 詰まっているが、5000年の歴史をつみ重ねた 人間の叡智だ。


             にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


4月15日(日)
e0171497_1118986.jpg
e0171497_11181928.jpg
e0171497_1383719.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月16日(月)
e0171497_1384833.jpg
e0171497_1385648.jpg
e0171497_11161388.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月17日(火)
e0171497_11162299.jpg
e0171497_11163576.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


.

[PR]
by hansaki460 | 2012-04-15 05:55 | 一般 | Comments(0)
<< 親を恨まない、憎まない&【放射... 一国は一人を以て興り、一人を以... >>