信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


私が出会った 詐欺師たち &【放射性物質拡散予想図】

.
私が出会った 詐欺師たち


先日、ショッピングセンターの駐車場で、車中に置いた ショルダーバックが盗まれた。 中には カメラと 古代史の本 2冊。
幸い 印鑑等の貴重品は 入れてなかったから 助かった。

そんなことがあり、今までに出会った詐欺師たちの事が 頭によぎった。^^


若い女詐欺師

私が 30代前半の頃、友人の不動産屋で お茶を頂いていた時のこと。
20歳前に見える 若い女性が入ってきて、いきなり 言った。
『 おじいさんの土地だけれど、任されている孫が その土地を 売りたいと 言っている。すぐに買って貰いたい。』
そう言うなり、高校生くらいの男の子を 事務所に 呼び込んだ。
『 おいで、買ってくれそうだから。 すぐお金を貰って・・・。』

友人と私は その時 しばらくの間、彼女が 何を言っているのか 合点がいかなかった。

『 まず、場所を教えて下さい。それに、おじいさんに会えますか?』
その言葉に、若い二人は
『 また来ます 』 と、帰って行った。

連絡先を 聞き出していたので 調べたら、彼女は 隣町の喫茶店の 店員だった。

それから後は 何も無かったので、友人も それ以上の行動は とらなかったけれど、私が目の前で見た 初めての 幼稚で お粗末な 詐欺未遂事件だった。


老獪な、客家(ハッカ)を名乗る 詐欺師

新横浜駅にほど近い ビルの一室で その男にあった。
彼は、「 今度、日本でのダイヤモンド販売の権利を、デビアスから 我々の組織が 一部 譲り受けた。 ゆくゆくは 50%の権利が来る。 ついては・・・・」
と、30cm 四方くらいの 宝石箱を4箱、机の上に出した。
「 これは、『 ○○ダイヤ 』 です。カリマンタン島のものです。お使い下さい。」

そこは、数万人の会員を持つ 物品販売の団体の事務所だった。
私は、ちょうど 分杭峠のゼロ磁場を発見したときの縁で、その会社の T 社長に招かれて商品開発のお手伝いをしていた。

『 ○○ダイヤ 』 は、大小 300個くらいあった。
本物なら、数千万円? いまでも、5個ほど持っているが・・・。^^;

宝石には門外漢であったので、早速 鑑定に出すと同時に、そこのT社長と一緒に、 F 総研の K 社長(当時)に見て貰った。 彼は 宝石鑑定の資格もあり、その道の スペシャリストだった。

K 社長は、その宝石を ひとつ持つなり 言った。
「 これは重いですね、ダイヤでは ないでしょう、ジルコニアです。 間違いありません。」
鑑定に出してあった結果も 同じだった。
T 社長と一緒に、しばらくの間 その結果は 詐欺師に黙っていた。^^

その詐欺師の目的は、数万の会員に この偽ダイヤを、『 ○○ダイヤ 』 の新しい名前で売り出したい というものだった。
その後、私と T 社長は その詐欺師の招待で、香港~インドネシアへ 旅行をした。
目的は、そのダイアの鉱山を見せるというものだったが、「 カリマンタン島の 現地は 大雨の災害で、行かれない 」 と云うことで、ジャカルタ見物でお茶を濁された。
その後も、数々の案件を 持ち込んできたが、適当にあしらっていた。

それから2,3年の後だったか、新聞で その詐欺師が逮捕された という記事を読んだ。
私とT社長は、詐欺師を 欺していた側だった・・・。^^


そののち 私は、②より 数段酷い事件に合い、被害を受けた。

 それを、『 祖父の遺産 』 というノンフィクション小説に 書いた。
 http://novelist.jp/40571.html

 もちろん かなり 曖昧にしてはあるが、概ね 話の筋は その通りだ。
 小説では 解決したことに してあるが、まだ解決していない・・・。^^;


             にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月 8日(日)
e0171497_11413133.jpg
e0171497_11414188.jpg
e0171497_11415293.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月 9日(月)
e0171497_1142658.jpg
e0171497_10552789.jpg
e0171497_10553980.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月 8日(火)
e0171497_10555935.jpg
e0171497_10562156.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
.

[PR]
by hansaki460 | 2012-04-08 07:00 | 一般 | Comments(0)
<< 親父の小言 &【放射性物質拡散... ここに幸あり &【放射性物質拡... >>