信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


「死ぬなよ」 - 自死した息子に

.
死ぬなよ ー 自死した息子に


あるSNSの仲間に「豊崎義明の豊さん」がおられます。

豊崎義明の豊さんは ほかに、【花鳥風月の詩】というブログを持っていて、その紹介がありました。

『死ぬなよ ー 自死した息子に』と題して、
【花鳥風月の詩に、詩作品「死ぬなよー自死した息子に」を投稿しました。 】と。
http://toyosakida.iza.ne.jp/blog

ブログを開いてみると
 ・ 祥月命日なり
 ・ 空から見ていると-自死した息子より
 ・ 死ぬなよー自死した息子に
 ・ 鳥と蝶と私
 ・ ご愁傷様
 ・ 悟りの風景
 ・・・・

私は、豊崎義明の豊さんの詩を読みながら、やはり自死した友人たちのことや、私が幼くして見送った 妹や、我が子を失った母の あの哀しむ姿が、昨日のように浮かんできました。

       ◇

 君看双眼色 不語似無憂
 君みずや 双眸の色、語らざれば 憂ひ無きに似たり


・・あの方の眸(瞳)をごらんなさい。
話さなければ、何一つ愁うることなどないように見えるではないか。

《・・・でも、語り尽くせないほど深い愁いは、愁いを抱く者が看れば、心は分かる・・・。 嗚呼、何をかいわんや・・・。》


大燈国師の句(千峯…)に白隠禅師が下(君看…)をつけたもので、白隠禅師の『槐安国語』にあるのを、良寛が好んで書いたという。

       ◇

 ・・・紹介させて下さい。



     死ぬなよ ー 自死した息子に

             豊崎義明の豊さん


     死ぬなよ
     晴れた夏の日に

     死ぬなよ
     雨の降る秋の日に

     死ぬなよ
     雪の降る冬の日に

     死ぬなよ
     曇りの春の日に

     生きるためとはいえ
     あなたは何故、

     行年30歳
     母親の古希の祝いの年に

     両親に先立ち
     自らあの世に行ってしまったのだ

     息子よ
     あの世では、死ぬなよ



        ◇


 ・・・ これ以上の 深い悲しみと 慈しみの言葉が、

               どこにあるというのか!

           嗚呼!  已矣哉!           

     合掌
[PR]
by hansaki460 | 2012-03-30 04:33 | 一般 | Comments(2)
Commented by ぽちら at 2012-04-02 07:39 x
詩の最後の一言に、親の想いが全てこめられていて、涙が零れました。
いつもありがとうございます。
Commented by 京おんな at 2012-04-03 01:10 x
息子さん視点で書かれた詩も読みました。
ただただ切ないです。

自分も今年30歳、自ら死を選ぶ気持ちは…正直、わかりません。
『あの世』どんなところなのでしょうね。
<< 美しい 婢(女奴隷)の送り状 「お裾分」の語源と武士の出自 >>