信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


伊那谷の安曇族と熊鰐と塩竃神社

.
伊那谷の安曇族と熊鰐と塩竃神社


伊那谷の、駒ヶ根市東伊那の塩田という集落に「塩竃神社」があります。
御祭神は底津綿津見神、中津綿津見神、上津綿津見神、 底筒之男神、中筒之男神、上筒之男神です。
e0171497_7341351.jpg

宮城県塩竈市にある鹽竈神社の御祭神は、塩土老翁神・武甕槌命・経津主神ですが、こちら伊那谷の塩竃神社の御祭神は、神話・伊弉諾から生まれた神々で、阿曇連(阿曇氏)の祖神の海神(わたのかみ)です。

・志賀海神社の御祭神は、「底津綿津見大神」「中津綿津見大神」「上津綿津見大神」(綿津見三神)代々阿曇氏が祭祀を司ります。
・また、住吉大神の御祭神は「底筒之男大神」「中筒之男大神」「上筒之男大神」(住吉三神)です。

すなわち、志賀神社と住吉大社の御祭神が祀られているのです。

なぜ伊那谷の山奥に、海にゆかりの塩竃神社があるのか?

実は、伊那谷の大御食神社の古代文字文字で書かれた社伝記に、こういうこういうことが書かれています。

『 またこれより すぐに中沢の【熊鰐(くまわに)】に山の麁物和物(あらもの にぎもの)を菜らしめ、川戸幸をして川の魚(まお)捕らしめ、また野彦には 野つ物を取らしめて、大御食 大御酒 種々(くさぐさ)物を御饗(みあえ)たてまつれり。』

ここから分かるように、伊那谷に【熊鰐氏】がいたのです。
e0171497_7343634.jpg

熊鰐氏は、「日本書紀」にみえる豪族で、筑紫の岡県主の祖。
仲哀天皇8年天皇を周防の沙麼にでむかえ、魚と塩をとる地域を献上、海路を案内しまた。
干潮のため神功皇后の船が洞海湾をすすめなくなったとき、おおくの魚と鳥をあつめて皇后の怒りをしずめた。

これについて、『神武天皇の兄達も熊鰐一族で、岡田宮に居住していた。』という説もあります。

穂高神社の主祭神・穂高見命は、「古事記」に、綿津見三神の化生を述べたあと、「阿曇連はその綿津見神の子、宇都志日金柝命の子孫なり」とあります。

阿曇(安曇)氏の先達が、すでに1900年前、この地にいたという、有力な証明なのです。
[PR]
by hansaki460 | 2012-03-21 07:36 | 地方史から見た覇権の姿 | Comments(1)
Commented at 2012-03-21 20:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 船中八策と「天狗党」 お彼岸は、波羅蜜行の実践日&【... >>