信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


茶の湯は博奕(ばくち)だったという話

.
茶の湯は博奕(ばくち)だったという話


茶の湯は、鎌倉時代 臨済宗の開祖 栄西(1141-1215)が 宋代の茶を使った抹茶法を伝え始まった。
『吾妻鏡』に、鎌倉幕府三代将軍・源実朝が二日酔いの折に 一杯の茶を薦め、その折に『喫茶養生記』も献じられたとある。

南北朝(1336-1392)のころには、茶の「本非(ほんぴ)」を当てる遊技である 闘茶が流行した。
「本」とは 栂尾産の茶、「非」とは その他の土地でとれた茶のことで、今なら コーヒーの、モカとかキリマンジャロとかいう、産地を当てるというものだった。
それを当てる闘茶は、蒸し風呂で汗をかきつつ行う 茶博奕のことで、見物人も多数あった。

興福寺 大乗院門跡の記した『 経覚私要抄 』に、
「今日 林間(淋汗)初之、召仕者共並古市一族若党相交可焼之由仰付了。 於風呂は茶湯在之、・・・云々。」
「今日有林間(淋汗)、又有茶湯、又披立花、風呂中荘観見物なる者也」
などとある。

つまり、風呂場に屏風をたて、絵や香炉・花瓶で飾り立て、茶席には掛け字を二幅掛け、花を飾り、客が風呂からあがると 闘茶がはじまり、見物するひとびとが 遠方から集まったのだった。

当時、勝負に敗れた者が全財産を失い、自暴自棄になって自殺をはかる事件が続発し、建武3年(1336)に出された建武式目には、闘茶(賭け茶)を禁止する条項があった。

茶は もともと お湯で入れるのに、わざわざ「茶の湯」と湯を使ったのは、風呂場で行った 名残なのである。
e0171497_11565284.jpg

上記の事だけでも 不可思議な茶道だが、本当のところは もう一つ面白い。

仏教で庶民を抑えた足利期には、公家に奉公するものは 古来の祠信仰を捨てて「阿弥」を付け、仏教に帰依しなければならなかった。

だから公家らから差別される悔しさから、庶民の彼らが持ち出してきた茶に緑靑を混ぜ、生死をかけて廻し飲みをした。
たとえ死ぬ者がでても それは免罪符と考え、「侘びの茶」としたのだ。
そこには、闘茶の要素もあった。

織田信長は味方を誓う武将に、起請文だけではなくその緑靑を混ぜた『青茶』を飲ませ、忠誠の踏み絵とした。 にじり口は、逃げ出すことが出来ぬように、小さく作られた。
e0171497_11571656.jpg

やがて元禄期、吉良上野介は 千宗易の血脈を引くと称する新しい千家を立てた。
そこでは、緑靑で急性胃炎にならぬよう、茶の前と後に甘味を口に入れ、胃壁にアルカリ膜をはらせ ゆっくり 三口半で、刺激しないように飲む茶道を創始した。^^;
これにより、新興の裏千家は、婦女にも安心して親しまれ、隆盛していった。

ちなみに 茶の栽培は、日本の 原住系の除地でのみ 限定で栽培され、「侘びの茶」の抹茶は、江戸期になっても公家(今の官僚)は口にしなかった。

追、緑青の主成分である、塩基性炭酸銅CuCO3・Cu(OH)2 自体単体の毒性は 低いことが確認されている。 しかし、銅に自然にできた青緑色のさびの「緑青」には、毒性の強い硫酸銅も含まれており、それ故に博奕だったのですね。 ^^
[PR]
by hansaki460 | 2012-03-18 11:57 | 歴 史 秘 話 | Comments(1)
Commented by さいとう at 2012-03-19 01:17 x
拡散情報をありがとうございますm(__)m
16歳から24歳まで、ずっと茶道を習っていましたが、今日の記事の内容については全く知りませんでした。
命懸けの博打かぁ・・・緊張感いっぱいの空間だったのでしょうね。
にじり口は、逃げ出さないようにさせるためとは・・・大納得!
本当に興味深い内容で、目からウロコが落ちました(o^o^o)
<< お彼岸は、波羅蜜行の実践日&【... 縄文時代の製鉄術 >>