信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


放射性物質拡散予想図 8,9,10,

.
放射性物質拡散予想図
    8日(日), 9日(月), 10日(火),



★福島県 浜通 天気予報  日本気象庁
e0171497_557312.jpg
・・・・・・・・・・・・

5月8日(日) 予想図 ★ ドイツ気象局(DWD)発表
e0171497_21361920.jpg

e0171497_21362787.jpg

e0171497_5545312.jpg

e0171497_555494.jpg
・・・・・・・・・・・・

5月9日(月) 予想図 ★ ドイツ気象局(DWD)発表
e0171497_19115532.jpg

e0171497_1912722.jpg

e0171497_9311944.jpg

e0171497_93130100.jpg
・・・・・・・・・・・・

5月10日(火) 予想図 ★ ドイツ気象局(DWD)発表
e0171497_20485436.jpg

e0171497_20491046.jpg
e0171497_5575380.jpg

e0171497_558966.jpg
・・・・・・・・・・・・
★この拡散図について、ドイツ気象局(DWD)の解説には、
「このイメージアニメーションは、上空250メートルの放射性汚染された空気拡散の可能性を示しています。発光の強さが不明であるため、値は単に相対的なもので、放射能汚染の実際のレベルの結論は、不明です!」
とありますので、ご注意下さい。
そこで以前、拡散予想図と測定結果図の対比をしておりますので、ご参照下さい。
これによりますと、色の薄くなる三段階目以降はかなり安全だと思われます
(以前掲載したものです。)

e0171497_654890.jpg

e0171497_6595730.jpg

e0171497_917542.jpg

なぜ今 数値が混乱しているのか? 
とても解りやすい 武田教授の解説です。


今、「1年に100ミリシーベルトまでは大丈夫だ」と言っている人達が、逆の「1年に1ミリシーベルト以上は危ない」と教えてきた。

「放射線による人体の障害には 二種類あって、
100ミリシーベルト以上では、放射線に被爆した人に何らかの障害が出る。
  明らかに出るのは 250ミリシーベルト程度である。
  これにあわせて
100ミリシーベルト以下の被爆では、【確率論的】に患者が発生する。
  【確率論的】とは、10万人の集団が被曝すると、その中から確率的にある数の
  患者が出るということである。
  【確率論的】に患者が出るかどうか ということについては、長く議論されてきたが、
  1990年の ICRP の勧告以来、国際的には確立しており、日本の法律もすべて
  それに準拠している。」

このように教えてきた人たちが、福島原発の事故が起こると 突然、態度を翻し、
「武田は専門家でもないのに、いい加減なこと言って人心を惑わしている」 と言い出した。
(すなわち100ミリシーベルト以下の被爆では、【確率論的】に患者が発生する、ということを無視してよろしいと言い出したのだ!)
この発言が 多くの人を惑わし、また政府の政策を 狂わせた原因にもなっている。

放射線の専門家が 20年間にわたって教えてきたことをそのまま社会に発信していたならば、政府は「1年に 1ミリ以上は危険である」 という国際基準と国内法を守る政策を採ったでしょう。
それは 1年 1ミリ以上になる可能性のあるところには、政府が数千台のバスを手配して(ソ連がそうだった) 避難することが できたでしょうし、多くの人は一つの基準を守って 安全な生活をすることが できたと 思うからです。

今からでも遅くはありません。放射線医学もしくは放射線防護の学会や研究会は多くあります。できるだけ早く臨時大会を開き、
「確率論的に患者が出るということを否定する」のか、もしくは
「従来の立場を貫く」のか、
その理由は何か、それを社会に発信しなければなりません。
社会はこの関係の専門家の発言のために、大きく揺れ、また被爆者を出すことになりました。
早く「専門家集団としての見解」を明らかにして欲しいと思っています。

武田邦彦

http://takedanet.com/2011/05/post_308e.html


多くの方々からコメントをいただき、感謝いたします。 
これからもよろしくお願いいたします。


ブログ更新 2011/05/07 20:50 )    引用はご自由にどうぞ
[PR]
by hansaki460 | 2011-05-07 20:51 | Comments(6)
Commented by at 2011-05-07 22:03 x
解説ありがとうございます。少しだけホッとしました。情報が見れて感謝しています。
Commented by 山口 at 2011-05-07 22:47 x
今日もありがとうございました。これで明日からの予定が立てられます。明日は高濃度の放出が有るかもと、河野太郎氏のブログで見ました。心配です…。
Commented by at 2011-05-07 22:48 x
いつも参考にして生活しています。
ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
携帯からみているので助かります。
Commented by imi at 2011-05-08 00:21 x
明日8日は、1号機の1階のタービン建屋との間の二重扉を開放するため、外に微量の放射性物質が放出される、とニュースになっています。
どれほどの量を微量としているのか全く不明なので、いくらニュースで微量だからと言っているからと言って、安心していいわけがありません。多分震災後初めてこうやってあらかじめ放射能の放出予告がなされるのではないでしょうか。
風下の原発以北にお住まいの方々は、十分にお気をつけ下さいませ。
(※8日の放出の件は河野太郎議員のブログでも一昨日オフレコで書かれていました)
Commented by ほにゃ at 2011-05-08 03:56 x
毎日毎日欠かさずに更新していただき本当にありがとうございます。地方から都内に行くときに参考にさせて頂いてます。
どうぞ無理のない範囲で続けていただければと思います。
Commented by 神奈川組 at 2011-05-08 12:02 x
毎日ありがとうございます!!
昨日は換気口にフタをして過ごしました^ ^;今日は大丈夫そうですね。
これからもよろしくお願いいたします。多謝♪♪♪
<< 放射性物質拡散予想図 9,10... 放射性物質拡散予想図 7,8,9, >>