信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


放射性物質拡散予想図 5,6,7

.
放射性物質拡散予想図
    5日(木), 6日(金), 7日(土),


★福島県 浜通 天気予報  日本気象庁
e0171497_7411110.jpg
・・・・・・・・・・・・

5月5日(木) 予想図 ★ ドイツ気象局(DWD)発表
e0171497_21512392.jpg

e0171497_21513175.jpg

e0171497_12334391.jpg

e0171497_12335376.jpg

・・・・・・・・・・・・

5月6日(金) 予想図 ★ ドイツ気象局(DWD)発表
e0171497_6102034.jpg

e0171497_6102955.jpg

e0171497_6103864.jpg
e0171497_6104946.jpg

・・・・・・・・・・・・

5月7日(土) 予想図 ★ ドイツ気象局(DWD)発表
e0171497_2045410.jpg

e0171497_2051061.jpg

e0171497_7412843.jpg

e0171497_7413854.jpg

・・・・・・・・・・・・

★予想シミュレーション動画★
http://www.dwd.de/wundk/spezial/Sonderbericht_loop.gif
      ( 日本時間は UTC時間 +9時間 )

          ◇

★拡散予想図と、測定図の検証図です。 

                  (クリックすると大きくなります。)

e0171497_836814.jpg

★3号機は核爆発だった  ガンダーセン(Arnie Gundersen)博士
http://www.youtube.com/watch?v=_1DjDc6FnhM

     ◇ お 知 ら せ ◇

武田教授によると、

福島原発の爆発があって1日後、東京の空気中の放射線は急激に上昇し、新宿などで1時間あたり1マイクロシーベルトに達していました。
福島原発から放射性物質のチリが風に乗って東京に来たから1日も経ったのです。

その東京で、空気中のちりの中の放射能濃度がもっとも高かった3月15日10時~11時には、放医研のデータによると、空気中に浮かんでいたチリは立方メートルあたり、
ヨウ素131が    241ベクレル、
ヨウ素132が    281ベクレル、
セシウム137が   60ベクレル、
セシウム134が   64ベクレル でした。
この1時間に東京の人が呼吸することによって被曝する量は、1時間あたり
ヨウ素131 :     1.65マイクロシーベルト
ヨウ素132 :   0.0244マイクロシーベルト
セシウム137 :   2.16マイクロシーベルト
セシウム134 :   1.18マイクロシーベルト で、
  合 計      5.0 マイクロシーベルト にもなっていました。
つまり、外部から1マイクロ、呼吸による被曝が5マイクロで、合計6マイクロだった。
この被曝量予想は、53ミリシーベルト(1年)という危険な値だった。
東京から離れるか、もしくはマスクをつけて 口から入る放射性物質を防ぐことが大切と 言っていたことに相当します。

それから約2ヶ月(まだ経っていませんが)、東京の空気中の放射線量は、0.07マイクロ(毎時)で、空間線量率は、
ヨウ素131が     0.0007ベクレル(立方メートル)、
ヨウ素132は      測定出来ないほど低く、
セシウム134が   0,0021、
セシウム137が   0,0020になっています(公的データだからやや信頼性に不足する)。
2ヶ月で二つの公的データは、1万倍以下になっていることが判ります。
すでに東京では「マスク」は不要になり、食材を注意していれば、空間からは1年に0.6ミリシーベルトの被曝を受けるに過ぎません。

武田教授: 東京3月15日と5月15日
http://takedanet.com/2011/05/to_7db5.html

ということで、そろそろこのデータ発表の役割も済みつつあるのかなと?と思います。
異常事態がない限り、5月末頃、終了したいと思います。


( ブログ更新 2011/05/04 20:10 )    引用はご自由にどうぞ
[PR]
by hansaki460 | 2011-05-04 20:08 | Comments(1)
Commented by mayumi-bretonne at 2011-05-05 11:25
はじめまして。いつもこちらの放射性物質拡散予想図を拝見しているmayumiと申します。私は千葉県北西部に住んでおり、比較的数値が高いため、予想図を参考に生活しております。今日・明日は南東北・北関東だけでなく全国的に拡散される事に驚いています。今の季節の風向きが複雑だからなのでしょうね。以前こちらのブログを紹介してもよい、と見た記憶があります。私のブログ・MIXIでこちらを紹介してもよろしいでしょうか?私の記憶違いでしたら、すみません…。
<< 放射性物質拡散予想図 6,7,8 放射性物質拡散予想図 4日... >>