信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
庵住期 (70歳からの自活)
歴 史 秘 話
幻の吾道之宮
宇宙の摂理
神代文字
古代文字便覧 
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
竹内文献
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
同じ意見の方がいらっしゃ..
by のりあ at 20:58
人気ジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


医師は患者を見捨てたりしていなかった!  福島 双葉病院「患者置き去り」報道の悪意。

医師は患者を見捨てるはずがない!
福島 双葉病院「患者置き去り」報道の真実




福島県大熊町の「双葉病院」で、医師・看護師が患者を見捨てて逃げていた、という報道がなされていた。
しかし、実際には現場の状況は大きく異なることがわかった。

これは、病院関係者の家族によるツイートや、後の報道で内容的には悪評を完全に否定するものとなってはいるが・・・。


・患者避難、医師ら付き添わず 21人死亡の双葉病院
asahi.com : http://www.asahi.com/national/update/0318/TKY201103170566.html

・福島・避難の高齢者14人死亡 救助時、患者のみ82人 医師、職員らは不在
毎日jp : http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110318ddm041040059000c.html

しかし、これは福島県による発表を受けて横並びの報道がなされたものだ。
だからその後の県の訂正発表を受けて、一部の報道は現在削除されている。

・「避難時に院長いた」=福島県が訂正発表
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031800030

しかし、訂正後も病院関係者を非難する論調が残っている

・院内に高齢者128人 医師ら置き去り?避難指示の双葉病院
河北新報社 : http://www.kahoku.co.jp/news/2011/03/20110318t63036.htm

少なくともマスメディアは名誉回復を全力で行なうべきだと思う。

    ◇

では、双葉病院で何が起きていたのか?

3月11日14時46分
大地震発生。双葉町にある福島第一原発が緊急停止。
双葉病院と介護老人保健施設ドーヴィル双葉で患者・職員が孤立。
(第一原発から約3キロの場所)

3月12日5時44分
第一原発の避難指示の区域が、半径10キロメートルに拡大。
双葉病院・ドーヴィル双葉が避難区域に含まれた。

午前
役場まで病院スタッフが患者を搬送したが、10分後には双葉病院に戻された(理由は不明)。

昼休み
外出した病院スタッフが、防護服を着た誘導者に「なぜ病院を誘導しないのか」と聞いたが、「もう誘導したはずです」と回答。

◎ここで初めて病院の患者が避難していないことが判明。
急遽バスが派遣されることとなった。

14時すぎ
役場が大型バス5台を派遣したが、普通の大型バスで車いすや寝たきりの患者を乗せることができなかった。

15時36分
福島第一原発第1号機で水素爆発。
残された人たちは被爆した。

3月14日昼前
自衛隊が同病院への救助に到着。
患者・施設入所者130人を救出。自力脱出の人もいた。

患者98人と院長ら職員4名と警察官が残り、自衛隊が再び来るのを待つ。
しかし自衛隊が来るという時間になっても来なかった。

3月15日午前1時ごろ
残っていた警察官から避難するよう求められ、院長ら職員4人は患者を置いて、警察官とともに隣の川内村に避難した。

そこで合流した自衛隊と共に病院に向かおうとしたが、避難指示の対象地域のため、自衛隊だけで向かうことになった。

院長は「日付が変わり、警察官から避難を求められた。どうすることもできなかった」と述べている。

午前7時
中野寛成国家公安委員長は15日の閣議後会見で、午前7時現在「20キロ圏内で、15日7時現在、病院にいる96人を除いてほとんど完了している」と述べた。
防衛省では、陸上自衛隊が陸路で96人をいわき市の避難所に移送する予定とのことだった。

午前から午後
自衛隊が残された患者を搬送(第2回・第3回)。
この際「病院関係者の付き添いはなかった」と福島県が発表。

その結果、「患者を見捨てて置き去りにして逃げた」という報道が流れるた。(各報道機関はこの県発表のみを報道した)。
搬送中・搬送後に計21人の患者が亡くなった。

3月17日
双葉病院主任が父だという@supergirl5jrhさんがツイッターで報道に反論するツイートを開始。
夜、
福島県が「避難時に院長いた」と訂正発表。

3月18日
院長への取材内容が報道され始める。

    ◇

「自衛隊が来るが、寝たきりや車いすの患者が搬送できず、一旦戻る」
→「2度目の救援が来ない」
→「一緒に残っていた警察の指示で職員が川内村に避難」
→「自衛隊と一緒に病院に戻ろうとする」
→「避難地域なので一緒に行けない」
→「自衛隊だけが救援に」
→「2・3回目の搬送の際、病院関係者は誰も現場に居なかった」
→「職員が患者置き去りで逃げたと報道」という流れになる。

これでは「職員が患者を見捨てて逃げた」とは絶対に言えない(警察の指示でやむなく避難させられたのである。再び)。

こんな報道をされたら、一生懸命がんばっていた職員に対する名誉毀損にしかならないと思う。

このような報道被害が繰り返されないよう強く願う。

松永英明氏のブログより
http://news.livedoor.com/article/detail/5424517/
by hansaki460 | 2011-03-18 17:44 | Comments(0)
<< 事業仕分けされていた 放射線計... 陛下のメッセ-ジに、アインシュ... >>