信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


世界のエリートたちが見る日本の姿



世界のエリートたちが見る日本の姿



心強い記事が、目に止まったので、紹介します。^^


アメリカの大学には、世界中から学者や実務家が集う。

日本からの人数は減ったが、より優れた学者や研究者、ジャーナリスト ビジネスマンが来ている

日本の研究者や社会人留学生やジャーナリストは、愛国心が強く 完璧主義で優秀だ。そして指摘は鋭く正確。

だから彼らが各国知識層と語るとき、強烈な自己批判が起こるという。

それらに対する各国知識層たちの反応がまた面白い。


◆日本政治

日本人
「 日本政治は世界一ダメだ。 総理がコロコロ変わって、だらしない」

中国人
「 投票できるだけましでしょう。 われわれは政治家もトップも選べない。
 指導者層の批判なんて絶対できない」

米国人
「 われわれは選べるけど、間違ったリーダーを選んだら4年間替えられない。 この激動の時代にだよ」

韓国人
「 4年か。うちは5年間替えられないんだ。 つい最近そのためにひどいことになった」

シンガポール人
「 うちはリークワンユーが建国以来31年間もやってたよ。
 結果はよかったけど、絶対批判できない」

米国人
「 エジプトはムバラクが30年。 いいリーダーが見つかるまでダメなリーダーを替え続けられる
 のは、 “激動の時代”に悪くないんじゃないの?」


◆格差

日本人
「 日本では格差が開く一方だ」

インド人・ブラジル人・中国人・アメリカ人
「 はあ?スラム街ってあるの? 親が子供の臓器を売ったり売春強制したりしてる?
 本当の貧困を見に来る?」

◆就活

日本人
「 新卒の内定率もとうとう7割を切ったよ」

韓国人
「 えっ?まだ6割以上が卒業してすぐ就職できるの?
 韓国は4割台だと思う。 TOEIC900点でも就職できない」

中国人
「 それ恵まれすぎだよ。
 中国は経済が高成長しているけど新しい大学がどんどんできて競争はますます激しい。
 学生は専攻も語学もすごい勉強しているけど、すぐ就職できるのは3割くらいだ。
 だから皆世界中どこへでも出かけて行って就職を探す」

ブラジル・インド
「 新卒内定率って何? そんな統計できるの? 若年失業率なら3割から4割の間かな?」

米国人
「 まだ7割近くがそんなことしてるの? インターンもさせずに雇うの?
 学生もインターンせずに会社に入るっていうのは、同棲もせずに結婚するのと同じか?」


◆世界は日本に絶望せず!

「日本はもうダメだ」だと本気で思っている知識層に会ったことがない。

まあ関心が薄いというのが最も正確な表現だろう。
それも「世界を脅かしたり、困らせる可能性があまりない」という意味でだ。

日本は、成熟して安定段階に入った先進国だからである。

だから、世界の課題を先取りしている日本が、今後どのような対応を取るのか、静かに注目しているのである。


ただ、今の政治の迷走は説明できない。
政権は、戦略も戦術もないように思えるし、国家のために働く心意気も見えない。

こんなていたらくな政治でも、先進国から新興国まで比較してみると、まだまだ高いレベルなところが日本のすごさを証明している。


・“自虐”日本に驚く世界のエリートたちより
http://diamond.jp/articles/-/11265?page=3
[PR]
by hansaki460 | 2011-03-02 07:13 | Comments(0)
<< 99歳の社員がいる成長企業が、... 英特殊空挺部隊が極秘救出作戦で... >>