信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


英特殊空挺部隊が極秘救出作戦で自国民150人出国



英特殊空挺部隊が極秘救出作戦で

                自国民 150人出国



先日の キレた菅首相に、この記事 煎じて飲ませたい!



2.28の産経は、こう報じた。

英特殊空挺部隊が極秘救出作戦で自国民150人出国

150人の英国民が特殊空挺部隊によりリビアから救出されマルタの空港に到着した(AP)

英メディアは27日、同国の特殊空挺部隊(SAS)などが騒乱が続くリビアで自国民の

極秘救出作戦を行い、26日に石油関連の技術者ら150人を地中海のマルタに

運んだと伝えた。



英日曜紙サンデー・テレグラフなどによると、SASの救出チームを乗せた英空軍機2機が

砂漠の油田で働いていた技術者らを救い出した。

作戦はリビア当局の許可なしで行われたという。



リビアでは現在も英国人を含む多数の外国人が出国を求めており、各国が空路や海路で

自国民の救出を進めている。(共同)
[PR]
by hansaki460 | 2011-02-28 07:08 | Comments(0)
<< 世界のエリートたちが見る日本の姿 ジプト騒乱で菅首相がキレた 「... >>