信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


素晴らしい大和言葉(やまとことば) 【のぞみ】

.
東海道・山陽新幹線「のぞみ」の名を付ける時のことでした。

当時JR東海の社内で「スーパーひかり」の採用を回避しようと選考の中、有力候補の中に「きぼう」があった。

その時、名称の選考委員だった阿川佐和子さんが、列車好きの父・弘之さんに相談したところ、「日本国鉄の列車の名前は 歴代すべて大和言葉でつけられてきた」

とアドバイスをされ、それまで有力候補になっていた「希望」について、「大和言葉にすると『のぞみ』すね」と言った言葉で、最終的に新幹線の名称として決定された。

・・・という話を、本人がTVのインタービューで語っているのを聞いた事があります。

いい話だな・・・と思ったものです。

    ◇

【とつくに】

 外(と)つ国にありて・・・

 外国のことを、外つ国と言いました。

 とつくに → 外(と)つ国 → 外国 → がいこく

 みごとに 『やまとことば』 が 消えてしまいました。^^;


    ◇

【もとほり】

という言葉があります。

大辞林では、同じ場所をぐるぐるまわる。徘徊(はいかい)する。 もとおろう。 たもとおる。

 ・・・・とあります。


ならやま(平城山)  ・・北見志保子

 人恋ふは悲しきものと  平城山(ならやま)に

     もとほり来つつ  たえ難(がた)かりき
     ~~~~~



また、伊那谷・大御食神社の古代文字で書かれた社伝記に、日本武尊が詠った歌があります。

 御食津彦の乙女 一人あり、名を 押し姫と 云う。  

 尊 いと愛で 給いて、三夜 御座(おはし)ませり。

 別れに臨みて 歌いて 詔り給はく、

「二夜三夜、二人寝しかも、飽かずかも。 美し乙女 愛(あ)しけやし。

 居立ち 廻(もとほ)り、愛(は)しけやし 乙女。」
    ~~~~~~~~


やまとことばが、今でも生きています。

    ◇

【ひふみ歌】

  ひふみよ いむなや こともちろ
  一二三四 五六七八 九十百千万


  らね しき るゆゐ
  蘭根 敷き 縷結い


  つわぬ そを た はくめ
  強 ぬ  襲を 多  育 め


  かうお えにさり
  交う悪 穢に去り


  へての ますあせ
  辺天の  枡 畦


  ゑ ほれ け
  ゑ 掘れ け


  数  古代~   現代語

  1  ひとつ   いち     一
  2  ふたつ   に      二
  3  みつ    さん     三
  4  よつ    よん(し)  四
  5  いつつ   ご      五
  6  むつ    ろく     六
  7  ななつ   なな(しち) 七
  8  やつ    はち     八
  9  ここのつ  きゅう(く) 九
  10  とを    じゅう    十

 100  もも    ひゃく    百

 1000  ち     せん     千
 
10000  よろづ   まん     萬

   ( ) = 呉音

    ◇

【やまとことば】

漢字が伝わる以前から日本で話されていた言葉が『やまとことば(和国語・固有語)』です。

わが国に漢字が入ってきて、それぞれの漢字に訓読みをつけていくことによって、語彙の豊富な大和言葉が整理され、上代語として発展します。

すなわち、漢字は当て字だった訳です。



日本古来の 神道の祝詞(のりと)は、全て 大和言葉で構成されています。

 「大海原」  は 「おおわだのはら」
 「長寿人」  は 「ながひと」
 「家族親族」 は 「うからやから」
 「最愛子」  は 「まなご」
 「恩頼」   は 「みたまのふゆ」、
 「前世乃縁」 は 「さきつよのえにし」
 といった具合で、とても優美な響きをもっています。

 「小学校」  は 「すないまなびどころ」
 「中学校」  は 「なかのまなびどころ」
 「女学校」  は 「おみなのまなびどころ」
 「教授」  なら 「おしえびと」
 「博士」   は 「おしえびとのおさ」
 「警視庁」  は 「いましめのつかさ」、
 「裁判所」  は 「ただすつかさ」


    ◇

山上憶良は

  「神代より 言い伝て来らく そらみつ大和の国は
              天皇(すめかみ)のいつくしき国 

        言霊の幸はふ国と 語り継ぎ 言い継がひけり…」


  と謳っています。
[PR]
by hansaki460 | 2011-01-08 15:56 | やまと言葉 | Comments(1)
Commented by こりゃ(弥平)やべぇ at 2011-01-12 11:57 x
大和ことばにつられ覗いてみました(^^ゞ
知らない事ばかりで、こんな素晴らしい(やまとことば)があったのかと感心させられるばかりです。
美しい日本語や残しておきたい言葉がだんだんと消えて、訳のわからない日本語が増えてきました。
嘆かわしいかぎりですね・・・・こうして素晴らしい大和ことばを、ブログで知り嬉しく思います。
※趣味人からお邪魔しに来ました(^^ゞ
<< 老境への準備・・・。 『2ちゃんねる』 が壊滅状態 >>