信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


古代イスラエルから来た祇園祭(!?) 失われた十部族

古代イスラエルから来た祇園祭(!?)
          失 わ れ た 十 部 族




『新撰姓氏録』 の、諸蕃帰化人系の氏族 326氏の中に、

  八坂造 出自 狛国人 久留 川麻乃 意利佐也

  八坂造(やさかのみやっこ)は、久留(くる) 川麻乃(せんまえ)  
  意利佐(おりさ)の 狛(こま)国人(高句麗人) の出身。 

  ・・・とある。

久留(クル)は、中国・江南にあった呉。
意利佐(オリサ)は、インド東部の オリッサ州。
川麻乃(センマエ)は、呉とオリッサの中間にある タイのチェンマイ。

すなわち、祇園祭りを守ってきた 京都、八坂神社の社家・八坂一族は、インドのオリッサ州から、タイのチェンマイ、中国の呉を経て、朝鮮や日本にやってきた コマ国(高句麗=狛国)の人、と読める。


京都の祇園祭りの原型ともいわれる『ラタヤットラ祭り』は、インド オリッサ州・プリーの、ヒンドゥ教・ジャンガナート寺院から、グンティチャ・マンディール寺院まで、大きな山車を曳く祭りとして続いている。
e0171497_21523266.jpg
それらの祭の原原型は、イスラエルの『シオン祭』にあるとする説がある。

シオンとは、イスラエル・エルサレム地方の歴史的地名で、今は『ジオン祭』と言うそうだが、ノアの箱舟がアララテ山に漂着した人類復活の日の7月17日に行われるという。

京都八坂神社の祇園祭は7月1日から始まり、7月17日に行われる山鉾巡行でクライマックスを迎える。
e0171497_21551417.jpg

なかでも、函谷鉾の懸装品(ゴブラン織 前掛)・「稀世の珍品」 の図柄は、 旧約聖書創世記第24章の一場面とされ、アブラハム家の老僕エリアザルが 処女リベカに水を求めている場面が大きく描かれている。
e0171497_2155489.jpg
ところで、イスラエルの聖書時代の歴史によると、族長アブラハム(紀元前17世紀)によりイスラエルの記録がはじまる。

そして孫のヤコブの時代にエジプトに移住するが、子孫はやがてエジプト人の奴隷となる。

モーゼが民をエジプトから連れ出し、その後ダビデ王、ソロモン王の時代を経て、10部族による北王国 イスラエルと、2部族による南王国ユダに分かれた。

そして北王国イスラエルは、紀元前722年にアッシリアにより滅ぼされ、10部族は虜囚としてアッシリアに連行された。

この10部族の行方が文書に残されていないため、2部族によって『失われた10部族』と呼ばれた。


イスラエルの族長 アブラハム  『シオン祭』
                      ↓
インド東部のオリッサ州      『ラタヤットラ祭』 
                      ↓
八坂一族               『祇園祭』
 
これらの繋がりが、その10部族の一部が日本に来た証しだと言うのである。
もちろん そのほかにも、その証しとなるものが沢山あると、研究者たちは 主張する。
[PR]
by hansaki460 | 2010-12-05 22:05 | 歴 史 秘 話 | Comments(2)
Commented at 2016-04-24 22:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hansaki460 at 2016-04-26 07:23
当方のブログに関しまして、転載はフリーです。
ただし、写真等はオリジナルと拾いものが有ります。
”ラタの写真”は拾いものです。ご承知の上ご利用下さい。 史郎
<< 伊那谷を北上した!? 失われ... 農業改革は、早いほうが良い! >>