信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


解読不能の書 ヴォイニッチ手稿

解読不能の書 ヴォイニッチ手稿


日本に、古代文字は 無かった、というのが 学者たちの常識です。
でも、科学の常識は 間違えます。 なぜなら、99.9%は、仮説だからです。
( 私は、古代文字の存在を 証明したくて、調べています。^^ )



『ヴォイニッチ手稿』とは、14世紀から16世紀頃に作成されたと考えられている「世界で最も不可解な書」と言われ、暗号とおぼしき未知の文字(ヴォイニッチ文字)で記され、未知の植物や妖精、天文学図形などの彩色挿し絵が付いた230ページほどの古文書だ。
e0171497_17332589.jpg

挿絵を見る限りこの書物は、おそらく自然科学(とりわけイラストは空想と未知の植物についてが多い)について書かれた本であると推測でき、更に細かく以下のセクションに分かれているという。

1 . 天文学(占星術のシンボル挿絵入り)
2 . 生物学(幾つかの疑似解剖図と人体図のドローイング入り)
3 . 宇宙学(難解な幾何学図形入り)
4 . 薬学 (瓶と植物の部分挿絵入り)
5 . レシピ(ほとんど簡単な文章のみ)

しかし、未だに解読できていない。(宇宙人の書か?^^)

e0171497_17323865.jpg


このヴォイニッチ手稿は1912年、ローマに近い寺院で、アメリカの古書収集家ウィルフリード・ヴォイニッチ氏によって見つけられた。

ヴォイニッチ氏は直感的にその手稿の持つ潜在的価値に魅せられ、すぐにそれを買い取り、本国へと持ち帰った。

その後の研究で、中世の錬金術師か、植物学者が書き上げたものと推測したが、その文字群は一切の解読を拒否た。

またしかし、いくつかの手がかりも見つかった。
例えば挿絵に描かれた人物の様子は、おそらくは西暦1470年から1500年の間に作られたものであること、また共に発見された書簡から、かつてローマ帝国の皇帝、ルドルフ二世(1576〜1612)が所有していたことが明らかになったという。
[PR]
by hansaki460 | 2010-11-25 17:33 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)
<< 旧約聖書の原典(?) 『ギルガ... 11月25日は、「憂国忌」 三... >>