信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


半島の 前方後円墳は、任那日本府 が あった頃のもの

半島の 前方後円墳は、
     任那日本府 が あった頃のもの


2005年10月31日の KBSの報道(聯合ニュース)は、
『 ソウル・江東区一帯で 漢城 百済時代に作られた前方後円墳10数基が一度に発見された 』
と報道した。
KBSでは これらを 百済初期の王陵クラスの墓と 推定し、
『 前方後円墳は 日本で典型的な 古墳方式だが、朝鮮半島では 全羅南道の 栄山江流域で10基あまりが確認されるだけだ。』
とも 報じた。

ところが、、2日後の 11月2日、聨合ニュースは
『 漢城都邑期 百済時代(BC 18~AD 475)王陵級 前方後円型 超大型古墳10数基が ソウル江東一帯で発見されたと 31日報じた 一部メディアの報道は 根拠の 裏付けがないことが 判明した。』
と、慌てて 否定した。

一方、韓国の 国立中央博物館が発行する学術誌‘ 博物館 保存科学 ’2009年12月号(通巻10集)よると、
『 百済の最後の首都、扶余で発掘された 木製品に 日本列島だけに自生する杉が 多数使われたことが確認された 』
とし、また 保存科学チームは
「 杉は 我が国では 育たない 日本特産品種 」 だとしている。

最近では、「 海を渡った日本文化 」 というテーマの 日韓交流展が、各地で開催され、その中では 3世紀後半から7世紀の古墳時代、韓国で出土した 日本の様式の装飾品や 埴輪、それに、韓国の 南西部光州で発見された 「 前方後円墳 」 の写真など 国の重要文化財 2点を含む、約 50点が展示されている。

その中の掲示には、『 特に前方後円墳は、これまで 日本独自の墳墓と思われてきたが、韓国でも 20年ほど前から 日本が起源と見られる 「 前方後円墳 」 が、10基以上 見つかっている。』 としている。

日本の前方後円墳が3~5世紀に作られたのに対し、これらの韓国の前方後円墳は5~6世紀に作られていたことが分かってきた。

この韓国の 前方後円墳が作られた5~6世紀当時に、日本から 有力な豪族がやってきて 当地を治めたか、若しくは 日本からの 何らかの影響が 古代朝鮮にあったと 推察されるのです。

ちょうど、任那日本府 の あった頃なのです。
[PR]
by hansaki460 | 2010-10-12 11:43 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)
<< 中国機密の尖閣諸島地図(紹介) 六世紀、賄賂を貰い 国を割譲した話 >>