信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


差別は、古代 渡来人が始めた政策

差別は、古代 渡来人が始めた政策

最近は かなり少なくなりましたが、部落差別が ありました。
いろいろ調べてみますと、部落解放同盟等、当事者の方たちは、かなり正確に、差別の歴史を 認識していることが 解ります。

しかし 以前、TV の 『 たかじんの そこまで言って委員会 』 で、この 部落問題を 取り上げたときの事です。

芦屋大学 客員教授・読売テレビ理事で、報道局解説委員長をしている あの 辛坊治郎氏が、出演していた ゲストに 「 差別は、江戸時代からでは ないんですか?」 と 真顔で聴きました。

ゲストは、当然のごとく 「 違います 」 と答えましたが、識者と分類される 辛坊治郎氏ですら、差別の歴史を 全く知らないのです。


日本へは、北・西・南から、多くの種族が 渡ってきています。
その中から 力の強い部族が、今の企業や、昔の武士たちのように 乗っ取り・吸収合併を 繰り返しながら、いわゆる 権力範囲を広げていきました。
それを 覇権と言いますが、覇権の移動が 日本の歴史なのです。

万世一系の天皇家は、その正統性を必要とした 渡来人によって作られ、守られてきたと、私は思っています。

そして、大陸系の覇者が、原住民系を 差別しました。
差別は、民の売買・職の限定・婚姻の制限・移動の制限 ・・・等々。
今まで 数多く 日記に書いてきました。
私は、主に ~7,8世紀までの 古代史を 調べています。 
すなわち、被差別以前の、純・原日本人の姿を 浮かび 上がらせ、再発見したいと・・・・。^^

文武天皇の701年、刑部親王や藤原不比等らによって、大宝律令が完成し 律令政治の仕組みが ほぼ整い、神祇官と太政官の 二官、その下に 八省が置かれ、かつ 民を、良と賎に 区別したことをもって、古代が終わった とする立場です。

8世紀以降は、大宝律令の 良賎制からの 解放の歴史が、もう一つの 日本の歴史 なのです。

なぜ今 このことを 取り上げるか というと、
7世紀の混乱が、今度は 合法的に 起こる可能性が 出てきています。

米韓連合軍の、アメリカの指揮権を、2015年末まで 延長した というニュースが あります。
大きな理由は、今後5年以内に 北朝鮮が 崩壊する可能性に 備えるため、のようです。
http://www.youtube.com/watch?v=hrJX7vwRn1Q&playnext_from=TL&videos=7Ybx0yD5OHU

7世紀、こんな事がありました。

663年 白村江で唐&新羅に敗れる
664年 唐使・郭務宗の到着

このとき、唐使の郭務宗は、日本へ、最初は兵2000人・軍夫4000人をつれて進駐してきました。
その後、記録によると667年に、吾にまた2000人の兵を送る、となっています。

百済の将校たちも 来たわけですから、おそらく 2万数千人の軍人・軍属たちが、日本の主権を 簒奪しました。
1945年の、マッカーサーのようですね。

来た 2万数千人は、すべてチョンガーですから、日本の女性に 子供を産ませました。 庶子が生じました。  そして、庶子は、男親の認知だけで、良賎体制に 組み入れられました。

日本の中に、今までと全く違う社会が形成され、それが外国の力を背景に、覇権を手中の納めて いきました。
(藤原の天下が、以後、千数百年続いたのです。)

今回、半島で、移民・難民が生じて、日本で受け入れた場合、そして、大量の帰化しない外国人(数十万人という 推定がある) が日本に来た場合、地方で 合法的に 覇権が移動する恐れが あります。

7世紀の混乱が、今度は 合法的に起こる可能性が 出てきます。

日本列島は、日本人のものだけではない??? ><

その意味で、私は 地方参政権の付与には、反対です。
帰化をして、国籍を取るべきです。
[PR]
by hansaki460 | 2010-08-05 03:07 | 地方史から見た覇権の姿 | Comments(2)
Commented by 通りすがり at 2012-01-27 11:17 x
しかしながら中華系のDNAは現在の日本人の中にはほとんどありません。
日本人の中にあるのは南方の呉越系か北方騎馬民族系のDNAです。
ですから三韓新羅は日本にそれほど入り込んではいないのです。
不思議(笑)
Commented by hansaki460 at 2012-01-27 11:58

通りすがりさん、コメントありがとうございます。

>ですから三韓新羅は日本にそれほど入り込んではいないのです。

唐使・郭務宗の進駐軍は、マッカーサーの進駐軍とは比べられないほどの強権を発揮したと思われます。

当時は、百済の将校たちも 来たわけですから、おそらく 2万数千人の軍人・軍属たちが、日本の主権を 簒奪しました。

そのあと、日本の官僚組織の中枢を独占し、いわゆる民たちを支配したのですが、その政策が、職を限定し、官位でもって徹底的に支配差別をして来たのです。

ですから、支配層はほんの一握りの人たちが、公家・貴族として世を謳歌したと思います。

今の尺度では、簡単に支配差別という表現が出来ますが、世界の歴史の流れから言っても、そのような権力構造・社会体制は、必然的なものであったと思っています。
ですから歴史的経緯を認識した上で、現代の社会を観察することは、とても大切なことだと思います。^^
<< 駒ヶ根市 大御食神社 氏子の諸君へ 墨家集団は日本人のルーツのひとつ? >>