信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


八坂神社の社家は、インドから タイ → 呉 → 高句麗をへて日本へ来た



『 新撰姓氏録 』の、諸蕃 帰化人系の氏族 326氏の中に、

  八坂造 出自 狛国人 久留 川麻乃 意利佐也

 とあります。   ・・・・・ (写真参照)

これを、

  八坂造(やさか の みやっこ) は      
  久留(くる) 川麻乃(せんまえ) 意利佐(おりさ)の 
  狛(こま)国人(高句麗人)の 出身。

と読みます。 この意味は、、

久留(クル)は、中国・江南(長江の南)にあった クル=呉 のこと。
意利佐(オリサ) は、インド東部の オリッサ州。
川麻乃(センマエ) は、呉 と オリッサ の 中間にある、タイの チェンマイ の こと。

祇園祭りの伝統を守ってきた 京都、八坂神社の社家・八坂一族は、インドのオリッサ州から、タイのチェンマイ、中国の 呉 を経て、朝鮮や日本にやってきた、コマ国(高句麗=狛国)の人である

・・・と読めるのです。


祇園祭の原型はインドオリッサ州のラタヤットラ祭り、という説があります。

八坂神社の祭りは、火を使います。
中央アジアの拝火教の名残があるという説があります。


同じように、火を使う 種族は、東海地方を始め、多く残っています。
秋葉様はやはり火の神様ですが、それらは中央アジアの拝火教の名残を伝えていると考えられます。
e0171497_9501849.jpg

まだまだ、多くの帰化人の出自を、読むことが出来ます。 
[PR]
by hansaki460 | 2010-07-06 09:54 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)
<< 義理と人情を秤りにかけりゃ、ど... 帰化人の証明、『 新撰 姓氏録 』 >>