信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


身近にある『古代史の真実』 (「ほつまつたゑ」の伝える史実)

身近にある 『 古代史の真実 』 
        「ほつまつたゑ」 の伝える 史実

秀真伝(ホツマツタエ) 』 と言う 古史古伝書 が あります。
「 ホツマ文字 」 とか 「 ヲシテ 」 と呼ばれる 古代文字で書かれています。
学会における 定説は、神代文字の一種により 記述されている文書 ということで、偽書である と されています。
しかし、郷土に伝承する史跡 の 多くは、こうした 偽書とされる 『 古伝書 』 に その由来が 書かれているのです。

◎ 私の ライフワークの、
天八意思兼命 (あめの やごころ おもいかねの みこと)」
は、記紀によると、天照大神が岩戸隠れの際、集まった八百万の神に アマテラスを岩戸の外に出すための知恵を授け、また葦原中国平定では、葦原中国に派遣する神の選定を行いました。
その後、天孫降臨では、尊は瓊々杵尊(ににぎのみこと)に随伴しました。

◎ 前述の 『ほつまつたゑ』 は、思兼命の生涯を詳しく記しています。
例えば、滋賀県の 『伊勢遺跡 』 は、弥生時代後期中頃から急激に発達した大規模集落 ですが、『 ほつまつたゑ 』には、
「 和歌姫・思兼尊夫妻が結婚後に、野洲川べりに移り住んで宮を構えて、日嗣(ひつぎ)の皇子 忍穂耳尊(シホミミ)の御子守をした 」
と伝承されています。
そして 「尊の死後、信濃の伊那洞 に埋葬された 」と、書かれています。

◇ ほつまつたえ 天の巻10 ・http://gejirin.com/hotuma10.html
【 ・・・・・   サキニミコモリ ( ・・・・   先に御子守 ) 】
【 オモイカネ シナノイナホラ  ( 思兼  シナの伊那洞 ) 】
【 アチノカミ  ・・・・・・・   ( アチの神   ・・・・   ) 】

《 訳 》 ・http://www.hotsuma.gr.jp/aya/aya10.html
 思兼命は、妻シタテル姫(アマテル神の姉)と共に、ヤスカワ宮(野洲川、滋賀県)で 東宮(皇太子)であるオシホミミの御皇子守(ミコモリ)役をしていましたが、死後 アチノ神(阿智神社、阿智村)の神名を送られて、信濃のイナホラ(伊那洞)に葬られ神上がりました。
e0171497_1434779.jpg
                                 《 伊那洞の位置 》

◇ では、その現地・伊那洞では、どう伝わっているのでしょうか?

 現地の案内板には、
 『 式内 阿智神社 元宮の磐座(いわくら) 
  磐座のあるこの小山は、昔から『 河合の陵 (みささぎ) 』と呼ばれる。
  ・・・ この巨石が、社殿の発達する以前、阿智族の守護神であり、祖先神である
  八意思兼神、その御児 天表春神の二神の神霊を迎えて祭りが営まれた
  式内 阿智神社の元宮である。  ・・・・ 以下略  』
 とあります。

事実は 『ほつまつたゑ』 に記されている通りの史跡となっているのです。
e0171497_14342424.jpg
                  《 伊那洞にある、思兼尊の墓 》

◎ また例えば、神代文字で書かれた社伝記が伝わる、美女ヶ森の『大御食神社
  でも、神代文字を『偽物』扱いをしているのに、唯一残る、古代文字で書かれたこの
  社伝記の内容を拠り所に、神社を奉っています。
  全国の多くの史跡や神社は、こうした矛盾と偏見の中で伝承されています。

◇ この 原因は、
 ① 記紀の成立以後、大和朝廷の史観に合わせさせられた。
 ② 江戸から明治に、国学によって歴史の内容が、かなり矮小化されてしまった。
 ③ 戦後、皇国史観という名の元に、古代史が抹殺されてしまった。
 等々によると思われます。

ですから、偽書とされている古史古伝の中に、真実は隠されています。
[PR]
by hansaki460 | 2010-03-16 12:15 | 地方史から見た覇権の姿 | Comments(0)
<< 真説 建御名方命 《御柱祭に... 神代文字は徐福が伝えた 『甲骨... >>