信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
同じ意見の方がいらっしゃ..
by のりあ at 20:58
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


大御食神社 由緒 -1

大御食神社 由緒 -1

景行天皇40年(A.D.110年)10月に、天皇は、日本武尊に蝦夷征討を命じました。
命に従った倭武ノ尊は、その後 東の蝦夷等 言向け平和(やわし) 給ひて、美鈴刈る信濃ノ国を 御還りし給ひし時に、この赤須ノ里に至りました。
時に赤須彦は、御蔭の杉の木の下に仮宮を設けて、八重管薦(やえすがこも) 八重を敷き並び、厳し(いか)楯矛 御旗立て並べて、いと厳かにしました。 待饗し給ひして、倭武尊を迎えたてまつりました。

その後、大足彦忍代別天皇(景行天皇)の御代、四十八年に、御食彦は 御蔭の杉の木の下に御安楽居(みやすらい)したその仮宮を 神の御殿に見立て、倭武尊を祝い祀りて 大御食ノ社と御名を附け 奉りました。

すなわち、大御食神社の建立は、A.D.118年に 御食彦(赤須彦)が、かつて日本武尊を待饗(まちあい)し給ひた時に設けた、御蔭の杉の木の下の仮宮に、日本武尊を祝い祀りて、『大御食ノ社』 と御名を附け奉ったのでした。

ですから今年は 創立から、1892年目にあたります。
卑弥呼(175年頃~248年頃)の時代より、一世紀(100年)ほど前のことで、まさに弥生時代の、稲作技術導入によって 日本での水稲耕作が開始された時代です。

社伝記によると、当時の赤須彦は、赤須ノ里の長で、小出の里、宮田の里、上穂の里、中沢の里、石曽根の里、片桐の里、与田切の里、大草の里、市田の里、飯沼の里、知久の里、育良の里、それに 阿志島の里、と あわせて十三の里の長たちと同盟関係にあったことが読み取れます。

ちなみに奈良時代の、信濃国の郡と郷(『倭名類聚鈔』931-938 編纂)の中では、
伊那郡の郷は、伴野、小村、麻績、福智、輔衆、となっています。
(飯田市座光寺に麻績神社がありますが、ここは旧伊那郡麻績(おみ)郷です。)

この分類時には、国家体制は既に律令制になっていますから、伊那谷には輔衆という様な、体制に係わる地名もありました。
推測するに、輔衆=俘囚であろうと思われます。
なぜなら、大和朝廷にとって伊那谷は、まつろわぬ民の地であり、後に藤原氏一族の荘園の地となり、また天台の寺をして伊那谷全体を支配した、政治的にはまさに虐げられた地でありました。

伊那谷は『まつろわぬ民の地』、と言うことは、大御食神社の存在と多いに関係があります。
[PR]
by hansaki460 | 2010-01-12 20:56 | 大御食神社社伝記 | Comments(4)
Commented at 2011-05-28 23:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hansaki460 at 2011-05-29 09:00
石さん、興味を持っていただいてありがとうございます。
旧 石曽根村は、長野県上伊那郡飯島町にあります。(地図参照)
社伝記に書かれていることは、1~2世紀の事です。
石曽根の里も2000年以上前から存在していると考えられます。
当該地付近からは、旧石器~縄文の遺跡が発掘されております。
 ◇
・国土地理院 地図閲覧サービス
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?b=354055&l=1375604

・電子国土基本図(地図情報)
http://portal.cyberjapan.jp/denshi/opencjapan.cgi?x=137.93444444444444&y=35.68194444444444&s=10000

【参考】
①文政十一年(一八二八)正月、飯島陣屋のお膝元の石曽根村で、こんな騒ぎが起こった。
http://www.town.iijima.lg.jp/index.php?f=hp&ci=10846&i=11026

②飯島陣屋日記
http://blogs.yahoo.co.jp/iijimajinya/MYBLOG/yblog.html

◇問い合わせは、
長野県上伊那郡飯島町飯島2489
飯島町教育委員会
教育委員会生涯学習係
TEL 0265-86-5877
FAX 0265-86-5596
電子メール syougai@town.iijima.lg.jp

◇もしくは、直接
生涯学習係 丸山浩隆さん
hirotaka.m@town.iijima.lg.jp

以上   史郎
Commented by hansaki460 at 2011-05-29 15:33
石さん

【参考】

信濃小泉氏について

武田家家臣の小泉五郎左衛門で、その子に【石曽根新左衛門】がおりますが、武田家滅亡時に高遠で戦死しています。

石野真琴 甲斐国志によれば、小泉氏は源氏の末裔、室賀に近き所に地名有り、信州下の郷の起請文に、小泉喜泉斎重成、同匠助宗貞・同新五郎高貞とあるそうです。

小泉氏は村上氏の一族かもしれません。
「引治2年本国御手に入る、これにより家臣、小泉五郎左衛門、知行300貫を領し...」
と長野県地名辞典などの飯島町石曽根を調べると同様の事が書いてありました。
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:JVFtutGhtK8J:www.interq.or.jp/pure/miyatate/wforum/wforum2001/2001.5.14htm+%E7%9F%B3%E6%9B%BD%E6%A0%B9%E3%80%80%E5%9C%B0%E5%90%8D&cd=29&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&lr=lang_ja&source=www.google.co.jp
Commented at 2011-06-01 09:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 神代文字は徐福が伝えた 『甲骨... 大御食神社 >>