信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
同じ意見の方がいらっしゃ..
by のりあ at 20:58
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


ご本尊は、薬師如来 さま

ご本尊は、薬師如来 さま

◎ 信州 伊那谷は、南北におよそ60km以上あり、古代からのお寺も多くありますが、中でも南に位置する 飯田市(古代の地名は 麻積 )の元善光寺には、阿弥陀三尊を奉っていましたが、天武天皇の時代に、現在の長野市へ移設されました。

◇ その後9世紀に藤原氏は、伊那谷の北部から仲仙寺、光前寺、瑠璃寺と、藤原氏に関わりのある寺を建立し、荘園を持ち伊那谷を 壟断しました。

◇ 今昔物語に 書かれている、「信濃守 藤原陳忠の話」 は、当時の受領(ずりょう:地方官)の貪欲さを表す典型例として書かれています。

◎ さて、日本書紀には
  『天武天皇十四年(685)三月。詔。諸國毎家作佛舍。乃置佛像。及經。以禮拜供養。』
 すなわち、「 諸国の家ごとに仏舎を造り、仏像、経巻を置け という 勅 を出した 」 と ありますが、普及はしませんでした。
 そこで、聖武天皇は 天平13年(741)に、 東大寺を 総国分寺として、全国に国分寺を建立しました。 そのほとんどは 『 薬師如来 』 が 本尊です。

◇ 国分寺が 薬師如来を 本尊とした 理由は、『 西方 極楽 浄土 に 対して 東方にも 瑠璃の光 が 輝く 薬師如来さま が ある 』 として、原住民が 理解し 喜びそうな 薬師さまを 配置したのです。
e0171497_1732220.jpg
               写真は、小浜・国分寺 薬師如来 坐像

◎ また 慈覚大師も 全国の白山さまのあるところや、原住民の住む地を廻り、医王山・薬師堂 等を建てました。
 寺社の縁起に大師が開いたり再興したと伝えられる所が、関東に209寺余、東北に331寺余と数多くあます。

◇ しかし 、明治になるまでの長い間、医師・薬師は、原住民の限定職に入っていたのです。
 ですから 公家には医師はおりません。 御典医といえども地下人の身分であり、せいぜい OO庵などと呼ばれました。
 すなわち、藤原氏・公家は、薬師さますら限定職の仏様に利用し、原住民を壟断したのでした。

◎ 寺は 藤原朝以来、住民を把握・支配する手段として運用されました。
  明治の壬申戸籍が出来るまでの人口等の把握は、寺人別帳で行われました。
  しかしそれを嫌い、山奥に住んだり、弾左右衛門の配下等にいた、『』 を 宗旨とする人たちも、多勢いたのです。
[PR]
by hansaki460 | 2009-10-05 17:07 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)
<< 日本武尊 北上している北回帰線 《温暖化... >>