信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


古代国家 の イメージ

古代国家 の イメージ

◎ 北朝鮮の経済は、二重構造を していると云います。

支配者(政府・金一族)の経済は、麻薬・偽札の製造、海外の 同胞からの送金、外国からの経済援助の流用などで賄われ、軍隊・役人の維持と、核・ミサイルの開発に向けられています。

一方国民経済は、統制経済の形を とっていますが、配給制も崩れているようで、専政国家の様相です。

◇ もし、何らかの事情で、金王朝のトップが亡命しなくてはならない状態になった時に、どんな事が想定できるでしょうか。

トップの亡命を受け入れて得な国は? と考えたとき、核とミサイルの技術が欲しい国は、多くあります。

そういった国々は、核とミサイルの技術を持った人材を一緒に受け入れるでしょう。

また、フィリピンのマルコス元大統領は、約1兆 2千億円もの財産を持っていたために、亡命できました。

◎ 古代は、このような亡命が繰り返されてきました。

・ 古代、百済には 大陸から進んだ技術が入り、技術者がおりました。 日本は半島の混乱で、百済の亡命者(支配層・技術者)を受け入れました。 (奈良時代の事です)
しかし、その時の事情は、百済の支配層の力が当時の日本のそれより強かったために、文化的には影響下に入りました。
政治的にも、百済の貴族は当時の役所へ入り重用されました。

・ 奈良の前は、伽耶諸国や新羅(倭の仲間)からの影響が強く、白鳳文化が花咲きました。 人材も多く入りました。 (飛鳥時代の事です)

・ そのほか、前高句麗や契丹等からの渡来者もいました。

古代国家のイメージが、出来たと思います。 国譲りの神話も、その他の神話も、言ってみれば同じような繰り返しです。

◎ ただ、日本の幕藩体制での、藩の経済は全く違い、運命共同体的な体制を作っており、近代国家への芽 が出来始めていました。 (江戸時代の事です)

◎ また 7世紀以降の律令体制は 亡命者の影響ではなく、白村江の戦いの勝者・唐の進駐軍が百済の軍隊を使って、日本を占領した結果です。 (藤原体制の事です。)
.
[PR]
by hansaki460 | 2009-09-21 10:18 | 地方史から見た覇権の姿 | Comments(0)
<< 『 百済 』 の 姿 『東日本』 の成り立ち 【 騎... >>