信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


『庶民』 という意味

『庶民』 という意味

『庶子(しょし)』 という言葉を知っていますか?
庶子とは正式な婚姻関係にない両親から生まれた子供。 非嫡出子ともいう。 特に近代以前、歴史上の表現として使われる。
日本で最初に嫡子と庶子の身分的差異を明らかにしたのは律令制・・・・。(古代)
Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%B6%E5%AD%90

庶民 という意味は、さすがのウィキペディアでも、明らかには していません。^^; なぜなら、庶民 = 庶子の民たちのことだからです。

良賎法(りょうせんほう)が あります。 古代 日本において良民と賤(賎民身分)との婚姻や生まれた子の帰属、戸籍上の扱いなどを定めた法制のことです。
良賎法の元となった法令は 大化元年(645年)に定められた 「男女の法」 とされていて、これによれば良人と奴婢の間の子は奴婢とし、主人が異なる奴婢の間の子は母(婢)の主人に属するとされた。
Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%AF%E8%B3%8E%E6..

古代は貴族(王族)の専政国家の時代でした。 王族たちは、大陸・半島・列島を行き来して、覇権争いを しておりました。(住民とは関係ありませんでした。)
ですから、紀元前から権力者(強い者)たちは、縦横無尽に行き来していたのです。
そして当時、人を良と賎に分けました。(差別を法で定めたのです。)
部落差別 等は、江戸時代から 始まったと云いますが、とんでもない間違いで、古代からです。 学者や マスコミ等は、知っていて言わないのです。(本当に知らないのなら、不勉強です。^^;)

良=唐(大陸)等の渡来系をいいます。
賤=それ以外の日本の原住民をいいます。
その比率は、1:10.000 以上だった という 説があります。
足利時代でも 1:1,000 で、1:1(半分) になったのは、江戸時代 なのです。(織田信長は、楽市楽座で 賤民を 解放し、江戸は 彼らを吸収して大都市になりました。)

日本書紀669年の条に
「是年 大唐 郭務宗等 二千人を送る」
とありますが、すでに多くの渡来者がいました。
当然彼らは 男・単身、ですから原住民の女に子を作ります。
父親は分かりません。 子供らは 『庶子』 です。その民たちが、『庶民』なのです。

ちなみに、主計局・主税局という名も、古代専政国家当時からの名称です。
.
[PR]
by hansaki460 | 2009-08-29 07:06 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)
<< 「 生類 憐みの令 」 の 真実 日本中にある 徐福伝説 >>