信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


西日本 と 東日本

西日本 と 東日本

中学生の時、行政区を分ける比較的大きな川を越えた隣の中学校との交流がありました。
その時、女子中学生が自分のことを 『おれ』 と呼んだことの驚きを、今でも忘れません。
川ひとつ越えた集落の言葉の違いに、違和感を覚えたのでした。

その後、その川は 『東の文化と、西の京文化とを分ける境目』 だと言う話しを聞いて納得しました。

「日本語地図」 という本のコピーをいただいたので見ると、『翌日』 という言葉の違いが、明白に分かります。( 写真参考 )
e0171497_20555616.jpg

それによると、西と東の違いは明白です。
また、南信州と、三河・駿河(遠州)が、「東海方言」の範囲であることが よく分かります。


さて、先日の日記で 『日の丸の歴史』 を書いた時、平家と源氏について触れました。 そう、赤と白です。

言葉だけでなく、『ふんどし』 の色にも、赤と白が別れています。
明治天皇が、南朝を認じた皇室の、皇太子は赤ふんどしでした。

神社の色にも、白木と紅殻色があります。(平家納経で有名な厳島神社は、赤です。)

今では交流が盛んなので、よく分からなくなってますが、もちろん理由があります。
誤解を恐れずに少しだけ言うと、南の海の方面からの住人と、大陸の東北部からの住人が、列島に渡ってきた事実と重なります。

そして、7世紀に覇権が列島を飲み込んだのです。
ここが、日本の歴史を難しく、いや庶民の目から隠している根源なのです。

土器の分布の図も 載せておきます。 古代 日本列島には、ロマンがいっぱいです。
e0171497_20392818.jpg

e0171497_20432516.jpg

[PR]
by hansaki460 | 2009-08-06 03:02 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)
<< 童話 『桃太郎』 異聞 美しい 婢(女奴隷) の送り状 >>