信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
かるいざわ かるいさわ ..
by kuwahara at 11:56
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


代官を罷免した中世の百姓は、やはり特権階級だった。

代官を罷免した百姓は、やはり特権階級だった!


応仁の乱の頃、百姓が、東寺領太良庄の代官の罷免を、東寺の惣公文所にあてて、「御百姓等」 の名で出した 『 太良庄 惣百姓等 申状 』 があります。

乱の騒ぎが打ち続くなかで近隣の所領の代官たちは、所領の警護に当たっているのに、太良庄の代官は京からやってこなかった。


「 これ程の大儀に、・・・ せめて御中間を一人下されて、国の様子を見聞されることもない。 口惜しき次第です。」

「 たとい御百姓をば人とは思われずとも・・・・・・ このようなことなら、今後下向されることがあっても、一切御目には掛かりません。」


中世の百姓の論理がまかり通っているのです。
すなわち、よるべき 「公」 の主権者にとって百姓はやはり 「公」 としての存在なのです。

ですから、長禄三年(1459年)当時、「公」 の百姓に対する不当な支配には、抗議をする権利を堂々と行使しているのです。


やはり、古代~中世の百姓は 他の民衆と比べると、特権階級だったようです。

写真は、東寺に残る、申状です。 ↓
e0171497_9283423.jpg

[PR]
by hansaki460 | 2009-06-14 09:34 | 歴 史 秘 話 | Comments(1)
Commented by アリス at 2009-07-06 20:50 x
なるほど、中世の身分関係って、そう単純じゃないんですね。いい資料ありがとうございました。
<< 『 故 郷 』 最古の皇別ゆかりの 『 多神社... >>