信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


古代文字・神代文字は、存在した!

古代文字・神代文字は、存在した!
  人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

古代文字 否定の 最大争点は、斎部広成が言う 『 上古の世は 文字が 無かった 』 というものですが、先ず その古語拾遺についてです。

O 斎部広成が言う、古語拾遺の 『 上古 』 とは、いつのことか?

e0171497_10265246.jpg斎部広成が 807年に 天皇に奉った本「古語拾遺」を 記します。
古語拾遺 一巻 加序   從五位下 齋部宿禰廣成 撰
蓋聞、「上古之世、未有文字、貴賤老少、口口相傳、前言往行、存而不忘。」書契以来、不好談古。浮華競興、還嗤舊老。遂使人歴世而彌新、事逐代而変改。顧問故実、靡識根源。國史・家牒、雖載其由、一二委曲、猶有所遺。愚臣不言、恐絶無傳。幸蒙召問、欲[手慮]・蓄憤。故、録舊説、敢以上聞、云爾。      以下・・略

[訳文]
聞くところによると、上古の世は 文字が無く、貴賎老少 問わず 口から口へ 伝えていたが、 その 言った事、行った事や 出来事を 忘れは しないかと 書き記して以来、古を語る事を好まなくなり、浮ついた 華やかさを 競い 興じて 還って 旧老をあざ笑い、遂に 世代を 重ねて 古代を忘れ、 代を重ねる後とに 古法を 失った。 顧みて 故実を問う時 その根源を 知らない。国史・家史に この理由を記録されている と 言っても、詳らかにすれば、なお 判らない所が 有る。 愚臣が 言わなければ、恐らく 絶えてしまって 伝える事が 出来なく成ります。 幸いに 召されて 問われましたので、長らく 思っていました事を 述べたいと 思います。 故に 旧事を敢えて申します。      以下・・略

それでは、斎部広成の言う『 上古 』 とは、いつのことだろうか?
広成は 古語拾遺で 言いたかったことは、イワレヒコ(神武天皇)の即位のときの 本来の職掌分掌を 今日(当時)の世にも 貫かせたかった のである。

すなわち、フルコトを記して、それは 忌部(斎部)の役割で あり、また 神武以来 三種の神器にかかわり 且つ、大殿祭・御門祭の 祝詞を司っていて、最も重要な 立場だったと、アピールしているのである。
忌部にとって 神武即位の儀式は、当家の 役割だったからして、当然 『 上古 』 では ないだろう。

2009年の 現在から上古と云えば、大化の改新までを 指すようだが、720年完成の 日本書紀では、「 山幸彦と海幸彦 」 以前を 神代としているからして、神武天皇の即位を 紀元前660年の 辛酉の年を起点としていると 解釈すれば、前七世紀には、既に 文字があったと 読める。

天之御中主・天照大神が治めた 南九州王朝の 高千穂国は、前十世頃と 推定できるから、おおよそは 想像できるが、ホツマツタエには、天照大神の回文や、妹の 和歌姫の歌や、文字を創ったという 思兼尊の事が 記されているので、前九世紀頃には、文字が あったかも しれない。

こういう乱暴な推測を、すべての学者は 極度に嫌う。
だから、記録にとどめたのは 最近なんだ、というかもしれない。
斎部広成の言う『上古』 とはホントはいつなんだろうか?
     ↓ 応援よろしくお願いします
  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 人気ブログランキングへ
     → 史郎のHPもどうぞ!←
[PR]
by hansaki460 | 2009-05-04 10:29 | 神代文字 | Comments(0)
<< 古代の大和では、百済語で会話? 『執念の女帝・持統』 >>