信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





諏訪の縄文の神々を追放した出雲の武甕槌命の話

悪しき神にされた縄文の神「天津甕星(あまつみかぼし)、亦名 天香香背男」は、黒曜石の守り神!

古来、黒曜石は「矢の根石」であり「星糞」と呼ばれた。
そして、天津甕星は星の名のつく神だ。すなわち黒曜石を産する人々の神だ。

青銅器や鉄などの武器が使われるまで、鏃(やじり) は矢の根石(黒曜石) だった。鉄砲・火薬などの武器を扱う勢力は、昔から今でも、大きな力を持つ。

列島には、多くの黒曜石産地がある。
代表的な産地は、隠岐(出雲) であり諏訪(出雲神) の霧ヶ峰だ。
諏訪大社下社の裏山で黒曜石を産し、上社の守屋(矢) 氏は「鏃(矢じり) を差配した。
e0171497_13374133.png

出雲族は隠岐の黒曜石を差配し勢力を広げた。
そして諏訪の黒曜石も手に入れ、縄文人を制覇したのだった。
これが国譲りの正体ではないかと私は思う。

日本書紀巻第二 神代下
第九段 (一書第二)
【原文】
一書曰、天神、遣經津主神・武甕槌神、使平定葦原中國。時二神曰「天有惡神、名曰天津甕星、亦名天香香背男。請先誅此神、然後下撥葦原中國。」
【読下し】
一書に曰く、天神、経津主神・武瓶槌神を遣して、 葦原中国を平定めしむ。時に二の神曰さく、「天に悪しき神有り。名を天津甕星と曰ふ。またの名は天香香背男。請ふ、先づ此の神を誅ひて、然して後に下りて葦原中国を発はむ」とまうす。


すなわち、日本の正史では『天津甕星』を、天有惡神(天に悪しき神有り) とする。

タケミナカタの話の骨幹は、黒曜石の利権を巡って、隠岐の黒曜石を支配していた出雲族がやがて諏訪の黒曜石をも簒奪した経緯がであるが、追いやれた天津甕星(あまつみかぼし),星神香香背男(ほしのかがせお) らはまつろわぬ鬼神とされ、経津主神・武甕槌命らに追われた。
「武甕槌命」は、文字通り甕星を槌撃した人のことである。

列島はこうして、天孫族に縄文の神々が消され、やがて藤原により天孫の神々もまた被害に遭った。

列島では、旧石器時代~縄文時代、すなわち鉄鏃(てつぞく) が入る2~3世紀までは、黒曜石を加工して鏃(矢じり) を作った。
それを先端に鹿角製の「根挟み」を付けた弓矢または槍に装着して、あたかも鉄砲球を打つかの如く鏃を放った。だから鏃は大切な武器でありかつ狩猟の道具であるが、しかし消耗品であった。

後の世に鉄砲の火薬を得るためにキリシタン大名は、国人を捉えその対価とした事実があるが、権力者はそれほどに武器を必要としたのだった。(もちろん現代でも)

天香香背男を祀る神社や天津甕星を祀る神社は全国に百社近くある。
また天香香背男を祀っていたが現在は征服した布津主を祀っている神社の数は相当なものだろう。

それらの星神社は不思議なことに信濃にはほとんど無い。
かわりにあるのが「ミシャクジ(御石神)」である。

守矢神長官家は「諏訪大社の祭政体はミシャグチ神という樹や笹や石や生神・大祝(おおほうり) に降りてくる精霊を中心に営まれます」とするが、そもそもミシャグジ神は「守矢一族」の守り神であり黒曜石を支配していた一族の神だった。

歴史は移り変わるから、武南方神は、黒曜石を簒奪した侵入者だった」などと今さら言っても詮無いことだが、いつまでも「まつろわぬ鬼神」とはたまらない。

先の大戦で敗れた日本人は、野蛮人だったと言われているのと同じだからである。(^^
# by hansaki460 | 2016-08-19 13:38 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)

実録 やまと言葉

古代文字で書かれた大御食神社の社伝記には、
二千年前のやまと言葉が記されています。


【年月の数え方】


三夜三日 (みよ みひ)
三年   (みとせ)
五日   (いつか)
五年   (いつとせ)
七夜七日 (ななよ ななひ)

十一日  (とまり ひとひ)
十一年  (とまり ひととせ)
十四年  (とまり よとせ)
十五日  (とまり いつか)
十六日  (とまり むひか)

二十年  (はたとせ)

三十二  (みそしあまり ふた)
三十八年 (みそじあまり やとせ)
三十九年 (みそじまり ここのとせ)
四十年  (よとせ)
四十二年 (よそじあまり ふたとせ)
四十八年 (よそじまり やとせ)
e0171497_5292930.jpg
【人数の数え方】
一人   (ひとり)
二人   (ふたり)
五人   (いつたり)
十一人  (とまり ひとり)
十九人  (とまり ここのひと)
二十一人 (はたまり ひとり)
二十二人 (はたまり ふたり)
三十七人 (みそしまり ななたり)

【寸法の数え方】
一尺   (ひと さか)
五寸   (いつ き)
八寸   (や き)

【その他】
二夜   (ふたよ)
三夜   (みや)
# by hansaki460 | 2016-08-01 05:30 | やまと言葉 | Comments(0)

三部五鎮の霊宗道の「降霊際」

信濃国阿智村の阿智神社奥宮で、先日「降霊際」が行われました。

阿智神社は、思兼尊が神上がった「辞な洞」で、磐座があるところです。

さて、先代旧事本紀大成経には「五鎮三部」の神道なるものが説かれています。

三部の神道とは、宗源(カンツモト)・斉元(カンツイミ)・霊宗(カンツムネ)の三部五鎮の神道のことをいい、
宗源=神道神学と祝詞を意味し、(天児屋根命)
斎元=祭事の要領(ヌサなどの祓い具による祓い)を、(天太玉命)  
霊宗=霊覚を開き、神々と感応する方法を教える、(天思兼命=吾道家)  
とします。

このうち、霊宗(カンツムネ) は、天思兼命(吾道家) が伝えてきたと思われますが、吾道家のある伊那の地は、やがて藤原(中臣) が 天台の寺を隅々まで布陣し、その勢力と権力で吾道宮は消滅し、霊宗は簒奪されてしまったと思われます。
e0171497_18585717.jpg

ところで先日行われた「降霊際」は、本来誰もいない神殿で神職だけがする行法・祭祀ですが、近年の諸事情で「祀り」を「祭り」としたようです。

阿知女作法という神楽を舞う神事があります、
このアチメの神事は、原初(ア) の霊(チ) が芽吹いてくる(メ) さまを再現する神事であり、サルメが 神がかり状態になって踊り、神託を伝える行事です。

その中では、アチメが桶の上で 榊の杖を突くごとに、神官がヒフミを唱え、五色のひもを結ぶという所作が、宮中の神事にはあるとのことです。

これらの、いわば「秘伝三部の神道」の霊宗(カンツムネ) を伝えてきた吾道家は、「阿智神社」を三〇年間探し求めた東嶺和尚らが、天明元年(1781) に神供霊祭を行ったが故にその存在が世に知られるところなり、間もなく大御食神社に十一棟あった「吾道宮(神官の邸宅)」が焼失し、ついに吾道宮は滅亡しました。

しかしここに形だけではありますが復活したことは、今後の励みになります。
# by hansaki460 | 2016-07-20 18:56 | 幻の吾道之宮 | Comments(0)

『 古代の祭祀 』

応神天皇39年(308) の記録から、合祀の様子を読む。

神社祭祀規定によると、「合祀祭」は「大祭とする」とある。
いわゆる重要なお祭りと言うことだが、大御食神社の社伝記に、応神天皇39年(308)、宮簀姫をお迎えしたときの記録が遺されている。


 -略-
軽島の明宮に坐まし給ひし ホムダワケノミカド(応神天皇) の御代 三十八年(みそじあまりやとせ)
 -略-
秋 文月(ふつき) 二十二日(はつかまりふたひ) と云う日、尾張ノ国 熱田ノ宮より 草薙ノ御剱(みつるぎ) の御霊代(みたましろ)、またうつくしの杜に坐す 宮簀姫 またの御名は 厳郎姫(いついらつひめ) を迎え奉りて、所の名を「うつくしのもり」と み名 おはせ奉る。

熱田ノ宮より迎え奉る その装は、いかし縦鉾、日の御旗、月の御旗、覆衾、御榊にゆふ取り垂て 迎え奉れり。

また、先のためしの随に、御黒酒 御白酒 はた大御食 種々の物を、山成す如く供え奉りて、おちこちの里人 集ひ、七夜七日 宴のとのい 奉りき。
 -以下略-


e0171497_19154628.jpg
 少し分解してみよう。

熱田ノ宮より迎え奉る その装は、
いかし建て鉾、
日の御旗、月の御旗、
覆衾(おおいふすま)、
御榊に木綿(ゆふ) 取り垂て
迎え奉れり。

いかし建て鉾、とは何か?
・これは、今に残る剣鉾の原形で、トホコの教の「ト」の象徴であると推察する。

日の御旗、月の御旗、とは何か?
・明治維新の錦の御旗に象徴されるものの原形で、日月=日継のことで、「ト」の教と同じく正統性を象徴するものと推察する。

覆衾(おおいふすま)、とは何か?
・覆衾 が、「真床覆衾(まどこおふすま)」の事ならば、神座の名称であり、「大嘗宮神座の寝具・御衾」を指すと解釈する真床覆衾説ではなく、従来の天孫降臨神話由来説が正しいと思われる。

これらのことから、祭祀は、その神社や御祭神の出自由来を顕すものだと思われる。
# by hansaki460 | 2016-07-19 19:22 | 大御食神社社伝記 | Comments(0)

米栽培は、年 50,000%以上の利回り商品

米(こめ)の力
古代から米栽培は、年 50,000%以上の利回り商品だから、現代も農家は農地法を死守する。
お米の栽培は種籾を催芽させてから籾すりまで約7ヶ月。
年1回の収穫だから12ヶ月が投資期間とすると、米一粒からとれる数は約500~1000粒だから、単純に言えば表面利回りは、50,000~100,000%になる。
米は自然の恵みではない。 米は血で購った宝である。 だから古代から為政者は百姓を「おおみたから」といって大事にして米を支配した。
米を栽培したのは姓を持った階層の、数多い人達だから百姓という。
だから古代から米を生産する者を、支配者はけして差別しなかったのである。
農民は搾取されたという見方は、金銭で納税されるようになった、近年の作り話である。
農家になれない人たちが、被差別にあったのだ。
さて、古代、為政者は籾を貸し与え、秋に回収した。 投資である。
「貸稲」(いらしのいね)や、「出挙」で、50%~100%の利子を払った。 しかし 50,000%の中の 100%なのだから けっして多くない。
秀吉の太閤検地で、その体制は変質したが、おかげで 家康は 始めから全国を、石高という同じ物差しで 支配することが出来た。
(荘園の一掃と、度量衡の統一)
都市部にある農協が、組合員(農家)の人数より職員の人数の方が多いのは、作物ではなく、元農地の利用から上がる、お金と不動産を管理しているからである。
話がそれたが、おおみたからは大切に保護された。 いわば特権階級だった。(異論はみとめる。(^^))
e0171497_1047511.jpg

今でも農家はことのほか優遇されている。
中世からの本百姓は別だが、江戸期に大きくなった豪農の多くは、小さな百姓に田畑を質にして金を貸し、取り上げた農地を元の農民に貸し与え、小作とした。 それを 「質地地主」 と呼ぶ。 
地主小作制の始まりである。 農家が農民を支配下に置いたのだ。 それが戦前まで続いた。 
50,000%以上の超超高利回りの投資商品である米は、江戸時代には世界に先駆けて先物取引市場を発展させた。
それを扱う 商人達の中から、石門心学のようなその後に発展した資本主義の精神が生まれてきた。
日本は世界の中で、ほとんどの分野で最先端を走っていたのである。 そこには米の存在があるのだ。
今でも米作りは、特権差別である。(農家が悪いわけではない) 
農地は、農家認定されていない非農家の国民は絶対に持てない。
戦後、農地解放で、ただでもらった土地が数十年たって、米の利回り位に値上がりした。 (農地解放を否定しているのでは ない)
だから、農家・農地を支配している 隠れたる者達は、古代の支配者と何ら変わらない。  形が変わっただけなのである。
# by hansaki460 | 2016-06-15 10:48 | 一般 | Comments(0)